秋のカノン あらすじ2話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料!のTSUTAYAで秋のカノンをみる!
秋のカノン あらすじ2話
「二度目の偶然」
ソギョンとジニョンは偶然、カフェでも再会します。
ジニョンはソギョンに、こんな時 構成作家ならどんな挨拶を?偶然に何度も会うなんて奇妙な縁だ。約束の相手が来るまで座っても?と
聞きます。
ソギョンは、どうぞと答えます。
ジニョンは、空港で以前のことを思い出し怒りがこみ上げてきつい言い方をしたと話します。
ソギョンは、厳しい人だと分かっていたので驚きませんでしたと答えます。
相変わらず互いへの印象はよくないまま別れます。
なかなか構成作家の代打を見つけられず焦ったジニョンは、最後の手段として仕方なくソギョンに電話をかけます。
そんな中、ソギョンは母ヨンソンと言い争いになり、急にお腹が痛くなり病院運ばれ、栄養失調だと診断されます。
ヨンソンはソギョンの夫に電話をするように言います。
ソギョンは、私たち別れたの!だからもう夫じゃないのよ!と泣き叫びます。
ソギョンはジニョンに、待ち合わせの場所に行けなくなったと電話をかけます。
ジニョンはソギョンに家の前にいるから出てきてほしいと電話をかけます。
ジニョンは家から出てきたソギョンに、うちの構成作家が交通事故に遭った。代わりが見つからない。以前の番組とあまり違いはない。
音楽のジャンルが増えただけだ。だから…借りを返してくれと言います。
ソギョンは、まさか私に台本を書けと?本気なんですか?と驚きます。
ジニョンは、君の2年間を信じて見たい。結婚や妊娠を経験して変化した部分が文章にも表れるはずだと言います。
ソギョンは、また私が裏切ったら?と聞きます。
ジニョンは、僕が責任を取る。困惑するのは当然だが かなり困ってるんだ…とりあえず2日分の台本の執筆を協力してほしいと頼みます。
ソギョンが帰国した本当の理由は、夫に好きな人ができたためだと知った家族たちは驚きを隠せないのでしたが、祖父は優しく励まします。
母ヨンソンは許していないと言いながらも仕事をするソギョンの体を心配します。
つづく
秋のカノン あらすじ2話
(感想)
ソギョンと母ヨンソンは、お互いに我が強く、ヨンソンの言葉は
きつくて、娘に愛情なんてないんじゃないの?って思った。
なぜ、ヨンソンはソギョンにあんなに厳しいのかしら?