• 2017.11.15
  • 秋のカノン
  • 秋のカノン あらすじ13話 はコメントを受け付けていません。

秋のカノン あらすじ13話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料!のTSUTAYAで秋のカノンをみる!
秋のカノン あらすじ13話
「急接近する2人」
ジニョンが実家からマンションに戻ると、ソギョンが寒そうに立っていました。
ジニョンは、いつからここに?震えてるじゃないか。そんな薄着で
電話すればいいのにと部屋に連れて行きます。
ソギョンは泣きながら、会いに来たわけじゃない…無意識のうちにここへ…母が局まで行くと思わなかった…本当に恥ずかしいし申し訳ない…と謝ります。
ジェヨンは、大丈夫だよ。むしろありがたかった。君を愛する気持ちを伝えられたから。伝えに行く勇気はまだなかったんだ。僕の気持ちを知ってもらえただけでも すごくありがたい。お母様が心配してることは1つずつ解決すればいい。だからもうバカなことをしないでくれと話します。
一方、ソンジュンは自分が社長になった店でソギョンとジェヨンが
親しそうに食事をしているのを見て不愉快な気持ちになります。
ジョンヨンは母とデパートで買い物中、ソギョンの娘に生後100日の贈り物を買いに来たソンジュンに偶然会います。
ジョンヨンの母ハヨンはソンジュンを気に入ります。
同じ頃、ジニョンは家庭裁判所でスジンとの離婚が成立します。
ジニョンはソギョンに、もう既婚者じゃないと抱き寄せます。
つづく
秋のカノン あらすじ13話
(感想)
ソギョンって自分では気づいてないけど、男を手玉に取るのが
上手に見えてしまう。
ソギョンは綺麗だし物静かだし、素敵な女性だとは思うけど、
実際 私周りにいる知人の1人だとしたら、あまり好きになれないかも…


コメントは利用できません。

関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク