秋のカノン あらすじ43話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料!のTSUTAYAで秋のカノンをみる!

秋のカノン あらすじ43話

「娘の父親」

ソギョンの元夫ピョン・ジノが帰国しソギョンに連絡してきます。

カフェで会ったジノはソギョンに、本当に俺の子供がいるのか確かめにきた。いるのか?と問います。

ソギョンは、今更 事実を確かめて何になるの?と聞きます。

ジノは、子供がいると聞いたら無視できないと答えます。

ソギョンは、あなたの子供だと思ったことはない。出ていった人だもの。私を捨てた人に言う必要があるの?言ったとしても あなたは出ていった…ウンビには会わせない。父親らしいことを1つもしてないくせに!と激怒し立ち去ります。

帰宅したソギョンはジノに会って娘の父親とは認めないし会わせないと言い張ます。

しかし、祖父ユンジェは早めにウンビに会わせたほうがいいと冷静になるようソギョンとヨンシムを諭します。

ジノに責められたことで実母のジノクのことを思い出したソギョンは、ウンビをジノを父親ではなく知人として会わせることにします。

ジノは父親だと明かさずに3人で会いウンビを写真に撮り、ひと時を過ごします。

ソギョンは悩んだ末、ソンジュンにウンビの父親が帰国したことを

打ち明けます。

再びジノに呼び出されたソギョンは、強い意志を持って彼の前にいました。

つづく

秋のカノン あらすじ43話

(感想)

ソギョンはジノが帰国したことをソンジュンはに打ち明け、祖母の

スニにも話しておいたほうがいいのでは?と聞くと、

ソンジュンは、今は隠しておきましょうと答えたの。やっぱり

ソギョンはきちんとした女性だと思うけど、どうも関係した男たちが

亡霊のように付きまとうなんて、やっぱり気持ち悪いよね😨


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク