カフェ・アントワーヌの秘密 あらすじ4話

カフェ・アントワーヌの秘密 あらすじ4話

「恋のドーパミン」

スヒョンは弟スンチャンと助手ジホと一緒に、被験者ヘリムからの愛情が何%あるか3人の写真をみせる中間検査を結果をみます。

すると、スヒョンが最下位になり、ひとり高得点を出したスンチャン。2番目はジホでした。

そんな中、ヘリムはスンチャンと買い物に行き、実験の結果、僕が43%で1位だった。スヒョンは6%でビリだったと話します。

スヒョンから62%だったと聞いていたヘリムは、おかしくて笑います。

ヘリムは大家から、実験についてもう一度探ってくれたら、頼母子こうで被った損害を負担すると言われて、スヒョンの事務所を調べますがスヒョンが帰って来てしまいます。

ヘリムはイヤホンをしながら掃除機をかけていたフリをし、難を逃れます。

ヘリムは何の実験なのか分からないのでした。

スチャンは将来についてヘリムに説教をされて思わず喧嘩してしまいます。

その様子を目撃したスヒョンは、ここぞとばかりに、心理学を学びたいなら1時に中央図書館にと誘います。

そこで告白の返事を聞きたいと切り出します。

ヘリムが答えようとすると、返事は後でと立ち去ります。

帰宅したヘリムは、スヒョンの言動に裏がありそう…と思います。

一方、ヘリムはスヒョンの部屋からある動画を盗み出します。

そんな中、患者ジュニが倒れて病院に搬送され、ジュニはヘリムを駐車場に呼び出し頬を打ちます。

ヘリムも負けじとジュニに立ち向かい、注目されたがるのは勝手だけど 関係ない人間に迷惑をかけないで!マネージャーが死んだ翌日に

海外旅行?芸能人の前に人間になれば!苦楽を共にした人の葬式にも出ず弔花だけ送り遊びに行くなんて!と説教します。

ジュニは、好きだったの!すごく好きだった…でも私はスターだからプライドが許さなくて 意地悪したり からかったりしたわと本心を打ち明け泣き崩れます。

そんな中、スヒョンにヘリムから花束が届き、ミュージカルのチケットが…、2人は一緒に観劇し食事をします。

ヘリムが口元にソースをつけたのを取ってやろうとしたスヒョンは

12月26日午後10時35分 神経細胞に火がつき始めるのでした…

つづく

カフェ・アントワーヌの秘密 あらすじ4話

(感想)

スヒョンの神経細胞に火がついた!?

確かにヘリムは、同性の私も魅力的に見える🤗