あなたは贈りもの あらすじ23話

あなたは贈りもの あらすじ23話

「相続問題」

セラの母ミランはマ会長の前妻に電話をかけ、ヨンエに孫がいたことを告げ口します。

一方、ドンスはヒョンスの息子のハンソルのロボットを直してやっていました。

そこに祖母が帰宅し、ヒョンスに気があるの?ないのなら今後は家に来ないで。ここは女所帯なの。男が出入りしたら変な噂が立つ。用があるなら ヒョンスを会社に呼べばいいだろと忠告します。

ドンスは、すみません。これから気をつけますと謝ります。

ドクスはハンソル・アトリエでデザインしているヒョンスに、成り行きでヒョンスに愛の告白をしてしまいます。

その夜、ヨンエの再婚先のマ会長宅では、長男のソンジンがヨンエの孫の相続問題を持ち出してマ会長を怒らせます。

マ会長は、私が生きてるのに遺産問題を解決しろと?ろくでなしめ。

話すことはない!私を無視する奴はいらん。息子をやめろ!と言い放ちます

ヨンエは、あなた 落ち着いて。感情的にならないで…と取りなします。

ソンジンは、結局 息子よりもお継母さんと嫁と孫が大事なんですね!お望み通り 父さんの息子をやめますと席を立ちます。

翌日、マ会長宅に前妻のテファがやってきます。

つづく

あなたは贈りもの あらすじ23話

(感想)

マ会長が再婚したのに、普通の神経ならテファの立場では

家にやってこないはずだけど…毒々しさを感じるね😱