カフェ・アントワーヌの秘密 あらすじ9話

カフェ・アントワーヌの秘密 あらすじ9話

「彼氏は最低な男?」

スヒョンの心理相談センターに、幼稚園児の女の子ソダムが静かにすべき時に立って歌う。就寝前も電気を消すと歌いだすと両親がやって来ます。

両親は、ソダムは夢中になると髪を歯で噛み切って食べることもあり、2歳上の6歳の姉ソユルがいると話します。

そんな中、スヒョンとヘリムは互いに愛を深めていきます。

しかし、ヘリムの知らないところでプロジェクトは続いていて、

スヒョンはスンチャンの告白をきっぱり断るようヘリムを説得した後、ヘリムからの愛情を測る最後の検査を行います。

その検査でほぼ満点を出したスヒョンは、プロジェクトの終了を宣言しますが、愛の深さを調べる2回目のプロジェクトを計画し始めます。

それを知ったスンチャンは猛反対し、プロジェクトの資料の在りかをヘリムに教えます。

ヘリムはスヒョンが出かけると、二階の相談センターに行き、教えられた金庫を開けます。

ヘリムは金庫の中に〝マダム・アントワーヌプロジェクト〟を見つけ、だまされていたことを知ります。

つづく

カフェ・アントワーヌの秘密 あらすじ9話

(感想)

スヒョンは恋愛に自信がないから、こんな馬鹿げた実験を

やってるんじゃない!?