秋のカノン あらすじ61話(最終話)

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料!のTSUTAYAで秋のカノンをみる!秋のカノン あらすじ61話(最終話)

「愛していなければできないこと」

ソンジュンからソギョンを諦めたと聞かされたジニョンはソギョンを

呼び出し、彼と幸せになれと言ったはずだ。ソンジュンさんが君を大切にするのを見てきたし 本気の愛だと分かったから そう言ったんだとヨリを戻すように説得します。

ソギョンは、なぜ2人で私の話を?2人して なぜ私の世話ばかり焼くの?もう放っておいて。私のことは忘れてアメリカへ行って…と言います。

ジニョンは、君は手放すことが どういうことか分かってない…心から愛してないと手放せないものなんだ…別れないでくれ 頼む…彼と一緒になれ。誰かが守ってくれたり君が頼ったりしてもいいだろ

何もできない僕の身にもなれ!と感情的になり怒鳴ってしまいます。

ソギョンは、あなたにできることは…全部してくれた…ウンビの事故の時も骨髄の提供も十分過ぎるくらいよ。これ以上は望まない。

さようなら…と言って立ち去ります。

一方、ソンジュンはソギョンを忘れようとすればするほど、思い出し

苦悩します。

そんなある日、ジニョンはソギョンに渡米することを伝えに行き、

僕が渡米する理由を もう一度 考えて。時間をかけて ゆっくりと…

これが用件だ。ウンビを元気な子に育てて。体も心も大事にして。

以上だと握手をして別れます。

一方、ジョンヨンはソンジュンを訪ね、ジニョンが来週出国すると

知らせに行きます。

ソンジュンは、二度と会いたくありません!僕は死んでもあなたを

選ばない!と席を立ち出て行きます。

ジニョンは渡米前に母ハヨンの誕生日の花束とアクセサリーを買って帰ります。

そんな中、ソンジュンはソギョンを訪ね、ジニョンさんが渡米するそうです。行かせると?今なら引き止めれるでしょう…と告げます。

ソギョンは、私たちには許されません。彼にも心配しないで行けと

言いました。もう私の心配はしないでと伝えたと答えます。

ソンジュンは、後悔しませんか?と問います。

ー3年後ー

ウンビは元気になり、ソギョンは仕事を続けていました。

ソギョンはソンジュンとスニの詩集の出版記念パーティの手伝いの

約束をしていました。

ソンジュンはソギョンとのことをがふっ切れた様子で、ソギョンと

友人のような付き合いをしていました。

ジョンヨンはソンジュンとは別な男性と結婚することになり、

帰国したジニョンは結婚式場に直接向かいます。

ソギョンもスニの出版記念パーティの打ち合わせに、そのホテルに来ていて、偶然ジニョンと出会うのでした。

見つめ合う2人はお茶を飲むことにします。

秋のカノン あらすじ61話(最終話)

(感想)

3年後のソンジュンの変わりように、ちょっとガッカリ😞

でも、ソギョンのことは吹っ切れて明るくなったのは

うれしかった!!

ジニョンとソギョンの2人は、やっぱり特別な縁で

つながってると思うし、幸せになってほしいな💕