あなたは贈り物 あらすじ34話

あなたは贈り物 あらすじ34話

「二人を別れさせて」

ヨンエはヒョンスとドジンのことを考えた末ヒョンスに、ユンホを

7年も経ったし行方不明のままにできないから死亡届を出すことを説得します。

承諾しないヒョンスにヨンエは、ユンホを忘れなさい。忘れてもいいのと話します。

一方、セラからヒョンスとは絶対に結ばれない。理由はお母様が知ってるわと言われたドンスはヨンエを呼び出します。

そんな中、母親同士の約束でセラはソンジンとの縁談を壊す相談をするために会います。

ソンジンも同じ気持ちで、ソン代理は巻き込まないでくれ。母には黙ってていてほしいと頼みます。

スニがまたいなくなったと聞いたドンスは捜し回り、道端でしゃがみこんでるスニを見つけます。

ドンスは〝愛の家〟に行くバスを待っているというスニに、迷子札のブレスレットをつけてやり、愛の家に連れて行ってやります。

ドンスはスニに連れられユンホがいるという部屋に行ってみると

誰も寝ていないのでした。

そこにヨンエがボランティアで入ってくると、スニはユンホのお母さんだと言います。

ドンスは、ユンホのお母さんは、ヨンエだと知って驚きます。

ヨンエは、ヒョンスは私の嫁なのと打ち明けます。

つづく

あなたは贈り物 あらすじ34話

(感想)

セラって、ソンジンにもドジンにも相手にされず、

嫌われてるって、ある意味すごいわ😅


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク