記憶の森のシンデレラ あらすじ1話


記憶の森のシンデレラ あらすじ1話

「運命のパリ」

フランス パリ。

ここで中国の高級ウエディングブランド、玲瓏(リンロン)のファッションショーが開催されようとしていました。

玲瓏のデザインディレクターのリー・ウェイウェイは30歳。業界でも“女デビル”と異名を持つやり手で冷酷なカリスマデザイナーでした。

一方、彼女の天敵でライバルブランドであるDUの会長チェン・イードゥもファッションショー会場に来ていました。

両社はフランスの名門、フォンテーヌ百貨店へのテナント出店を巡り激しく争っていました。

そんな中、ウェイウェイはショーの最後にモデルとして登場、イードゥたち観客の前で玲瓏の社長フォ・シャオに逆プロポーズするというサプライズを演出します。

ウェイウェイは翌日パリの教会で挙式すると発表する。

冷静を装うイードゥでしたが、内心は複雑な思いで見ていました。

かつて彼とウェイウェイは恋人同士で共に“初心”というブランドを立ち上げていましたが、数々の不幸とアクシデントが重って別離、今は天敵同士になっていたのでした。

結婚式当日、明日のショーの会場の舞台裏で火災が起きたと連絡が入り、ウェイウェイは結婚式の途中で会場に駆けつけますが、作品は全部 焼けてしまっていました。

ウェイウェイはイードゥの仕業だと思い込みます。

ウェイウェイは放心状態で街を歩いていると、男にバッグを奪われそうになり川に落ちてしまいます。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ1話

(感想)

1話の舞台はフランス パリ。なぜかルーブル美術館が会場で火災に遭う。
もしそれが本当だったら大変なことだよね‼笑

国際問題になるよね~~😱