記憶の森のシンデレラ あらすじ2話

記憶の森のシンデレラ あらすじ2話

「7年後の私⁈」

ー2ヶ月後ー

川に落ちたリー・ウェイウェイは意識不明のままでした。

玲瓏の社長フォ・シャオは挙式中の火災と同じ日にウェイウェイが川に落ちたのは、DUのイードゥと無関係だとパリ警察の見解だと言われ、探偵を使ってでも徹底的に追求しようと決意します。

そんな中、ついにウェイウェイは意識を取り戻し病室から抜け出し

アイスクリームを食べていました。

シャオたちはウェイウェイを必死に捜していました。

一方、イードゥはウェイウェイを見舞いに病院の庭を歩いていると

木の上からウェイウェイが落ちて来て、唇と唇が重なってしまいます。

ウェイウェイはイードゥを見ても誰なのか覚えていないのでした。

イードゥはウェイウェイがサル芝居をしていると思います。

ウェイウェイは7年前で記憶が止まりその後の記憶が欠落していました。

シャオは現在の状況をウェイウェイに告げますが、ウェイウェイは

幼なじみが突然フィアンセとなったことに実感がわかないのでした。

この2ヶ月の間に、玲瓏では中心スタッフがごっそりDUに引き抜かれていました。

これを知ったウェイウェイは部下を取り戻そうとDUに乗り込みます。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ2話

(感想)

ウェイウェイは明るく、元気いっぱいで前向きなの😊

シャオはウェイウェイに尽くしてるよね~~


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク