あなたは贈りもの あらすじ50話

あなたは贈りもの あらすじ50話

「後悔させてやる」

ユンホは夢の中で、ヒョンスという女が自分をユンホと呼んでいたとテファとソンジンに問いただします。

ソンジンは、頭が混乱しているから変な夢を見るんだと ごまかそうとします。

ユンホは、ごまかさないで!あのブレスレットとイニシャルは何?と

興奮します。

困惑したテファはヒョンスという人を一緒に捜しましょうとと

その場をやり過ごそうとします。

一方、ドジンはマ会長にヒョンスとの結婚を反対され思い悩んで、

ヒョンスの家の前でたたずんでいました。

そこにヒョンスが家から出てきます。

なぜ外に?と聞くドジンにヒョンスは、室長が来るような気がして…つらそうですねと心配します。

ドジンは、大丈夫だ。つらくても平気さ。君さえそばにいてくれたらとヒョンスを抱き寄せます。

その頃、セラはマ会長宅に行き、どうか私の味方になってください!

7年間ドジンさんだけを愛し続けたんですと訴えます。

セラはドジンと結婚できないなら、二人を最後まで苦しめ続けてやるとヒョンスを恨みます。

ヨンエはヒョンスに、ドジンにプロポーズされたそうね。私に遠慮したり、世間の視線を恐れたりしないでほしいと伝えます。

ヒョンスは、義母様を苦しめそうで迷いますと答えます。

ヨンエは、勇気を出して!人生は平坦な道ではない。いばらの道もあるし砂利道だってある。でも あなたが行く道を私も一緒に行くわ。

あなたはユンホが残してくれた…最後の贈りものよと励まします。

一方、ユンホはソンジンに、強制入院させられそうになり、逃げ出します。

同じ頃、ヒョンスの父のひき逃げしたのはチョリョンだと知ったドジンはテファに、赤い靴の女の話も気になると話します。

つづく

あなたは贈りもの あらすじ50話(感想)

ヨンエは最初 自分ことばかり考えているのかと思ってたけど、

本当はヒョンスのことを思っていてくれてたんだね🙂

ユンホが病院から逃げ出す時に助けてくれたのは誰なのかしら?