記憶の森のシンデレラ あらすじ8話

記憶の森のシンデレラ あらすじ8話

「魔の手から救え」

輝煌娯楽が高級ブランドとの提携を検討していると知ったティファニーはウェイウェイに、デザインディレクターとしてリウ社長と交渉して。もし契約できたら、社長もあなたを解放するはずよと言います。

ウェイウェイは、きっとド変態で扱いづらい客なんでしょ?とド変態でもイードゥよりマシね。あんな変人と比べたらどんな悪魔でも可愛いもんよとつぶやきます。

ウェイウェイは、フォルックスワーゲンのタクシーに乗って

輝煌娯楽のリウ社長宅に向かいます。

リウ社長は女癖が悪いと業界では有名な人物でした。

イードゥはウェイウェイがリウ社長宅に向かった知り、イードゥは

ティファニーを怒鳴りつけると、急いでリウ社長宅に向かいますが、途中で車がガス欠になってしまいます。

その頃、シャオとレオもそれぞれウェイウェイの行方を捜していました。

そんな中、ウェイウェイは身の危険を感じ、隙を狙って社長宅から逃げようとした時、イードゥか助けにやってきます。

リウ社長とイードゥ、そしてウェイウェイの3人はお酒を飲みながら

話をします。

ウェイウェイは酔いつぶれてしまいます。

翌朝、ウェイウェイとイードゥは、リウ夫妻の結婚記念日に共同で

ドレスを作り夫人にプレゼントし商談は成功します。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ8話(感想)

レオはウェイウェイの家の鍵を持っていたの。

一体レオは何者⁉


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク