あなたは贈りもの あらすじ58話

あなたは贈りもの あらすじ58話

「苦しめないで」

ヨンエはテファに、ユンホをウジンのままで自分の息子にすると告げます。

ヨンエの意図に気づいたユンホは、感謝しますと答えます。

そしてテファに、僕は平気です。この人と親しくなれば母さんも誤解されなくて済むと説得します。

一方、ソンジンはマ会長が一線を退く前に後継者の地位を固めようと考えていました。

そんな中、ユンホに会ったドジンはヒョンスに、ユンホに会ったことを話します

ドジンは、ハンソルの父親とすごく似ていた…と告げます。

ヒョンスは、どのくらい似てるのか気になってきた。見てみたいわと

笑います。

ドジンは、イヤだ。彼に会わないでほしい…俺が揺らぎそうで…

彼といる君を想像しただけで怖い。ユンホが生き返っても君を守れると考えていたけど、似た人に会っただけなのに気づいたんだ…俺は相手にならないと…と打ち明けます。

ヒョンスは、なぜ そんなふうに思うの?と問います。

ドジンは、愛は過ぎ去っても記憶はなくならないから…俺に消せるだろうか その記憶を…と不安を訴えます。

ドジンはソンジンから、ヨンエがウジンを息子にするつもりだと聞かされ驚きます。

一方、セラはヨンエとウジンのDNA鑑定をしようと、企んでいました。

ドジンはヨンエに、ウジンさんをを息子にするって本当ですか?僕も会ったけどユンホさんにそっくりだった…母さんとヒョンスが苦しみそうだから去ってほしいと説得に行ったんですと話します。

ヨンエは、去るって どこに?と、敏感に反応します。

ドジンは、ウジンさんが心配なんですねと言います。

ヨンエは、ユンホに似ているせいか…気になるのと答えます。

ドジンは、僕は嫉妬しているみたいです。彼が言ってました。

僕は亡き息子の代わりだと…彼の代わりになれると思ってたのに

ヒョンスには彼に会うなと言ってしまいました。彼女が母さんみたいに動揺する姿を見るのは耐えられそうになくて怖かった。母さんがユンホさんを忘れられないのは分かる。でも現実に目を向けてくださいと説得します。

そんなある日、ヒョンスはセラに連れられユンホに会い、近くに行こうとしますが、ドジンに引き止められます。

つづく

あなたは贈りもの あらすじ58話(感想)

ドンスもヨンエも苦悩するけど、解決策はないよね😭

ヒョンスもウジンだと言われても、愛してた人を間違うはずがないし、ユンホだとすぐに分かるようね😱


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク