記憶の森のシンデレラ あらすじ13話

記憶の森のシンデレラ あらすじ13話

「謎の暗躍者」

ウェイウェイはラテの件が解決したと喜んでいました。

そして、イードゥから食事の誘いの電話で、きっとお礼ね。私は彼の救世主だものと、念入りにオシャレをして出かけます。

一方、5年前にもDUが有害な生地を購入していたという情報がマスコミにリークされたイードゥはウェイウェイの仕業だと誤解します。

ウェイウェイを車で迎えに行ったイードゥは彼女を郊外のひと気のないに場所に置き去りにします。

翌朝、ウェイウェイは歩いてイードゥの家に戻ってきて気を失います

目を覚ましたウェイウェイはイードゥに、私は何もやってない。誤解している。記憶を失ったの!と訴えますが、イードゥに信じてもらえず追い出されます。

イードゥはラテの謝罪の動画を見てウェイウェイを誤解していたことが分かり、彼女を追いかけて行き抱きしめます。

一方、シャオたちがリュシアンという男を捜していると知ったカン・シンは、ボスの指示を受け、リュシアンがイードゥの部下だとシャオに思い込ませるようとします。

カン・シンのボスとはイードゥの兄同然の男、モー・ファンでした。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ13話

(感想)

モー・ファンは、一体何者なの?

ウェイウェイには敵がたくさんいるんだね😱