記憶の森のシンデレラ あらすじ14話

記憶の森のシンデレラ あらすじ14話

「お見合い大作戦」

イードゥはウェイウェイと和解しますが、母親の事故のことが頭を離れずにいました。

モー・ファンはイードゥに、ウェイウェイの疑念は晴れたがまたも

新たな障害が出現したわけか…と言います。

イードゥは、この数年 口では彼女を忘れたと言い 憎いと吐き捨てたりもしたが全部ウソだ。ただウソも長引くと真実だと思い込むと話します。

イードゥの母親は事故により記憶が曖昧でしたが、穏やかな生活をすれば問題ないと判断され長期的な外泊を許可されます。

一方、ウェイウェイはイードゥを必ずモノにすると意気込み、仕事中もイードゥとことを考えながら妄想します。

そんな中、ウェイウェイは街で偶然、イードゥの母親に声をかけられ

輝くような美しさだと褒めちぎります

声をかけてきた相手がイードゥの母親と知ったウェイウェイは、明日の正午レストランで会う約束を取り付けます。

イードゥは見合い相手がウェイウェイだと知って、お袋には近づくなと警告します。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ14話

(感想)

ウェイウェイは妄想癖と独り言が多いね~~🤣


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク