記憶の森のシンデレラ あらすじ16話

記憶の森のシンデレラ あらすじ16話

「天からの贈り物」

イードゥは結婚を勧める母親を諦めさせるため、ティファニーを恋人だと紹介しますが、イードゥの母親は息子の芝居だとすぐに見抜きます。

一方、リー・ウェイウェイはシャオに送られて病院に行きます。

ウェイウェイは看護師になりすましてイードゥの母親に謝り、再会を喜び合います。

しかし、イードゥに見つかってしまい病院から逃げ出します。

母親はイードゥに、ティファニーはいい子だけど、ウェイウェイの方が好きなのと言います。

イードゥは、彼女のどこが?と聞きます。

母親は、うまく言えないけど なぜか好きなのよ。会ってもいいでしょ?と頼みます。

イードゥは、昔 彼女が 母さんを傷つけたとしても?と聞きます。

母親は、傷つけたって 何?と覚えてないのでした。

一方、懲りずにウェイウェイは再び病院に向かい、化粧品をたくさん持参してイードゥの母親を喜ばせます。

病室で楽しく遊ぶ2人を見たイードゥはウェイウェイに、母のことは感謝していると告げます。

イードゥはウェイウェイに、君たちが忘れているのは不幸な出来事だ…記憶を失ったのも 実は 天がくれた贈り物なのかも…俺も君たちのように過去を忘れて やり直すと告げます。

帰宅したウェイウェイはレオに、ついにイードゥをゲットしたわ!と

夢見心地なのでした。

週末、イードゥとウェイウェイはデートで楽しい時間を過ごします。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ16話

(感想)

収まるところに収まったって感じですよね~~💕