記憶の森のシンデレラ あらすじ19話

記憶の森のシンデレラ あらすじ19話

「ラブ包囲網」

ウェイウェイはイードゥから別れを切り出され、ヨリを戻すためレオと様々な作戦を試みます。

どれも失敗したウェイウェイは、ついにイードゥのマンションの部屋の隣に引っ越します。

ウェイウェイはシャオを説得し、イードゥにタンゴ衣装を共同でデザインすることを提案します。

イードゥも会社のメリットになると考えこの提案に応じます。

そんな中、イードゥとウェイウェイはタンゴを踊ることを勧められて

習うことになります。

2人の共同デザインは大成功を収めます。

しかし、会長であるシャオの父親は宣伝のチャンスを半分DUに与えたことに激怒し、シャオの頬を殴ります。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ19話

(感想)

ウェイウェイが、どんなにイードゥのことが好きで

好きすぎて毎日でもイードゥの姿を見ていたいんだって分かる。

でも、ストーカーっぽくて怖い‼️


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク