記憶の森のシンデレラ あらすじ21話

記憶の森のシンデレラ あらすじ21話

「総監は島流し!?」

ツァオ・チョンがスー・フェイに、臓器移植を決断し、ウェイウェイと病院までやってきます。

ツァオ・チョンが命も捧げる覚悟であることが証明されたのにも関わらず、イードゥはツァオ・チョンをDUに戻すという約束を果たそうとしないのでした。

ウェイウェイは、約束を破ったイードゥに腹を立てます。

ウェイウェイは、イードゥに約束を守らせるためのある作戦を思いつき、夜中に火事だと言ってイードゥの部屋に入り込み、一緒にベランダでお酒を飲みトイレに行きたくなったところで、約束を守ってくれるのならトイレを貸すと言うのでした。

一方、玲瓏のフォ副社長はウェイウェイがスー・フェイを守ったことに対して怒りが収まらずにいました。

フォ副社長はカン・シンに、ウェイウェイを倒す方法を教えてくれと頼みます。

カン・シンは、今季の財務報告書によると売上総利益や営業利益など

主要項目においてDUとの差は大きい。社長やウェイウェイへの株主から圧力は強まると思うから、その点をせてみてはいかがでしょうかと答えます。

そこでフォ副社長はウェイウェイを婦人服に力を入れるべきだと話します。

ウェイウェイは、その提案を受け入れますが、婦人服部門など玲瓏にはないとシャオから聞きます。

フォ副社長がウェイウェイを追い出すために陥れたのでした。

ウェイウェイは、婦人服部門を立ち上げることぐらい楽勝だと豪語します。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ21話

(感想)

社員たちはウェディング部門から、フェイフェイのいる婦人服部門に

移ってきてくれたね🤗