記憶の森のシンデレラ あらすじ22話

記憶の森のシンデレラあらすじ22話

「新部門始動!」

ウェイウェイたちは玲瓏のフォ副社長の仕業で、ウェディング部門から婦人服部門に異動させられます。

シャオは持ち株を売って備品や材料をそろえ、社長の座を捨て婦人服部門の部長に就任します。

一方、レオはウェイウェイのためにティファニーを監視していました。

レオは、ティファニーが自分と同じく両親を亡くしていることを知ります。

ティファニーはレオに、幼い頃 家は貧乏で病気になった母は治療も受けられずに死んだの。だから誓ったの…母に教わった刺繍の腕を磨いて名門の服飾学院に合格し トップデザイナーになろうと必死で頑張った。でも私が有名になる前に父も亡くなった…と打ち明けます。

レオはティファニーが必死に行きてきたことを知って彼女のことをみなおします。

その頃、ウェイウェイはイードゥと生きていくために、シャオに婚約解消を切り出そうとします。

しかし、あまりに尽くしてくれるフォ・シャオにウェイウェイは何も言い出せなくなってしまいまいます。

レオはウェイウェイに、姉さん 僕 恋しちゃった…初めて僕と同じ境遇の女の人に出会ったよ。しかも僕を守ってくれる…と思い出し笑いします。

ウェイウェイは、まさか…その人ってティファニー?ウソでしょ?

頭でも打ったの?と聞きます。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ22話

(感想)

ティファニーはイードゥに、君は仕事仲間だとはっきり言われて

やけ酒を飲んでいるところにレオが現れるの。

レオは優しいしティファニーとお似合いだと思う💕