記憶の森のシンデレラ あらすじ23話

記憶の森のシンデレラ あらすじ23話

「波乱の新作発表会」

レオはティファニーがイードゥにフラれたと知って、なぜ君が最近ツイいてないか分かる?原因があるからだ。それは君の人生には1つ欠けてるものがあると言います。

ティファニーは、何?と問います。

レオは、僕だよと答えます。

ティファニーは、ありがとう。からかいに来てくれてと立ち上がります。

レオは、真剣だよ!初めて異性に特別な感情を抱いた。これからは ずっと君のそばにいさせてほしい…と告白します。

一方、ウェイウェイは玲瓏の婦人服部門の初の新作発表会の成功を願ってスタッフたちとの飲み会をしていました。

飲み会を終えたウェイウェイはシャオに送ってもらって帰宅すると、レオとチェン・イードゥが来ていました。

ウェイウェイはイードゥが、その様子をバルコニーから見ていたとは知らず、スタッフに送ってもらったとウソをついてしまいます。

イードゥは、嫉妬心からウェイウェイを問い詰めます。

そんなイードゥの様子にウェイウェイも本当のことを正直に白状し、発表会が終わったらシャオと婚約の解消をすると約束します。

ー発表会当日ー

玲瓏の発表会が始まると、数名の男が乱入しバケツに入ったペンキを

撒き散らし、足を滑らせたウェイウェイを助けようとしたシャオが

頭を強打し病院へ運ばれます。

車の中でニュースを聞いたイードゥは、すぐに病院へ向かいますが、

シャオを看病するウェイウェイを見て、何も言わずに立ち去ります。

レオはティファニーが今回の事件の黒幕だと分かり、君は罪を犯した…でも僕がいる…必ず更生できると抱きしめます。

レオはウェイウェイに、黒幕がティファニーだと明かし、彼女と和解してほしいと頼みます。

つづく

記憶の森のシンデレラ あらすじ23話

(感想)

ウェイウェイはシャオと婚約解消ができないかも!?