あなたは贈りもの あらすじ96話

あなたは贈りもの あらすじ96話

「意外な交渉相手」

TSKの買収を買収を狙うカイカンの代理人は、ソンジンの元恋人だったソン・ヒョリムなのでした。

ヨンエとドジンは、代理人のヒョリムの申し入れにソンジンが動揺しなかったためソンジンを疑います。

一方、ソクフンは記者会見でソンジン社長と異母兄弟だと明かしますが、ヨジンことが忘れられず苦悩します。

その後、ヨンエはヒョリムを訪ね、ソンジンとの関係を知っているわ。どう考えても ソンジンを指名したのが偶然とは思えないのと話します。

ヒョリムは、確かに恋人同士でしたと答えます。

ヨンエは、ソンジンには家庭があるの。未練でソルジンに協力するなら やめてと言います。

ヒョリムは、ご心配は分かりますがTSKの代表としていらしたのでは?と聞きます。

ヨンエは、合併は表向きだけでしょ。本当の狙いは何?と聞きます。

ヒョリムは、ソンジン。取引しますか?と聞きます。

そんな中、テファの公判が開かれます。

テファはソンジンとユンホが分からなくなっていました。

つづく

あなたは贈りもの あらすじ96話

(感想)

テファはアルツハイマーになったの?