あなたは贈りもの あらすじ102話

あなたは贈りもの あらすじ102話

「次の一手」

ソンジンは弁護士と医者と共謀し、テファに鎮静剤を投与して睡眠状態を維持し植物状態に見せかけ裁判を延期させようと企てます。

そんな中、ユンホとヨンエが病院に着くと、母親が植物状態なのに

ソンジンが確かに笑った〟のを見逃さず怪しみます。

一方、ヒョリムはマ会長を訪ね、ソンジンの子を流産した顛末を明かし謝罪を求めます。

激怒したマ会長はソンジンとセラを呼びつけ、今すぐ謝れと怒ります。

謝罪してもヒョリムは許さずセラとソンジンに離婚を求めます。

さらに、ソンジンはヨンエから、横領した資金の返還を求めるメールが届き追い詰められていきます

ヒョンスはヨンエから、また会社に出てこない?のまま終わるには あなたの才能が惜しいし、会社もあなたを必要としてると誘われますが会社には戻れませんと断ります。

そんな中、スニは偶然テファの病室に入っていくと、赤い靴の女が立っていました。

スニは病室から逃げ出しドジンに、赤い靴の女が怒鳴ったと怯えます。

ユンホもスニが赤い靴の女を怯えるのを見て、ドジンを睨みつけます。

つづく

あなたは贈りもの あらすじ102話

(感想)

悪いことはできないね~~😱😱