あなたは贈りもの あらすじ104話

あなたは贈りもの あらすじ104話

「告発の痛み」

ドジンはヨンエに、ソンジンの横領の証拠を持っていると打ち明けます。

マ会長はドジンとヨンエに、ソンジンの横領を知らされ激怒します

その後、ドジンは悩みながらもついにソンジンを告発します。

一方、ヒョンスはデザインチームの室長として会社に復帰し、

セラの上司になります。

セラは悔しさを露わにし、ソンジンに泣きつきます。

その頃、売りに出したテファの家を買ったのはヒョリムでした。

追い詰められたソンジンは、ユンホとヨンエを疑い乗り込んで行きます。

ユンホとヨンエは、証拠を出したのも陳情書を出したのも他の人よと言います。

ユンホは、あなたの弟 マ・ドジンだと明かします。

ヨンエは、彼はあなたもテファさんも許さないわと言います。

マ会長はソンジンに、私が築いた会社をよくも…見ろ!と

〝親子関係不存在確認の訴訟〟を渡し、マ家の長男はドジンで我々は他人だ。お前の父親はチョリョンだ!今日から お前は私の息子ではない!と言い放ちます。

つづく

あなたは贈りもの あらすじ104話

(感想)

天罰だね‼️ソンジンとテファとセラは罰を受けなきゃね~~😤