あなたは贈りもの あらすじ111話(最終話)

あなたは贈りもの あらすじ111話(最終話)

「幸せに暮らして」

ヨンエはTSKの代表を退き、財団に戻ります。

一方、ユンホはデザイナーを目指し始めます。

ユンホは刑務所にいるテファに、どんな罪を犯したか忘れないように

手紙を書き面会に行きます。

その帰り、ドジンと鉢合わせになり、今日アメリカに発つと聞かされます。

ユンホはヒョンスに、ドジンがアメリカに今日発つと知らせます。

それを知ったヒョンスはいてもたってもいられず空港に駆け付けます。

ヒョンスはドジンに、別れの挨拶はすべきだと思ってと見つめます。

ドジンは、本当に別れる時が来たんだな…さよなら ヒョンスと言います。

ヒョンスは、ありがとう ドジンさんと答えます。

飛行機の中でドジンはテファからの手紙を読みます。

〝許してとは到底 言えない。あなたにあまりにも大きな傷を与えたから…私に残された時間は詫びながら生きたい。どうか私のことは忘れて。優しい息子を不幸にさせたくないから…罪深い母で ごめんなさい〟と書かれていました。

ー1年後ー

セラは三つ子を産みます。テホ、スホ、カンホ。頭文字がTSK…でした。

ユンホは新人デザイナーとして〝ハンソル〟アトリエを何倍も成長させます。

あなたは贈りもの あらすじ111話(最終話)

(感想)

このドラマ、ユンホが植物状態で亡くなって、ハンソルの血液病気

だったから移植するのかと、私、思い込んでいたけど、

全く違った‼️いい意味で期待を裏切ってくれました😂


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク