もう一度始めよう あらすじ3話

もう一度始めよう あらすじ3話

ウナファーマーズの社長テソンはボンイルに、末娘のヨンジャが医療行為をしたと脅され、公示価格でビルを売る契約書にサインをするよう迫られます。

ボンイルは、サインはできない!勝手にすればいい!娘は守ってみせる。娘に指一本でも触れたら あなたを殺すと怒ります

ウナファーマーズの社長テソンは、遺族に事実を話すしかないと脅します。

自分が初めて取り上げた赤ん坊にヨンジャはおもちゃを持って行きます。

その頃、ウナ百貨店のカン常務は、社員のソンジェの妻の葬儀を訪れていました。

ボンイルはビルの入居者たちに、ビルを売ったことを責められます。

その夜、ボンイルは倒れてしまいます。

つづく

もう一度始めよう あらすじ3話

(感想)

ボンイルは心労が重なったんだね~~😭