もう一度始めよう あらすじ7話

もう一度始めよう あらすじ7話

そんなある日、ヨンジャは心臓発作で倒れた客に救命処置を施し、客は一命を取りとめます。

その様子を目の当たりにした常務のジウクはヨンジャを呼んで、あのお客様はハンドグループ会長の奥様で、命に別状はなかったと伝えます。

ヨンジャは、相手が誰であれ患者を助けるのは医師の…と言いかけ、

社員教育の一環として救命処置を学ばせては?とジウクに提案します。

ジウクは、検討してみると答え、以前汚された上着をクリーニングするように渡します。

一方、イェラはヨンジャが周りから評価されていることが気に入らず不満を募らせます。

そんな中、ヨンジャは半休を取ってボンイルの通院に付き添います。

イェラはヨンジャが半休を報告しないで取ったと難癖をつけて残業させます。

ソンジェか百貨店に戻ってくることになってジウクは喜びます。

つづく

もう一度始めよう あらすじ7話

(感想)

イェラの本性を見たソンジェは、どうするかしら?