もう一度始めよう あらすじ10話

もう一度始めよう あらすじ10話

お昼休みに お弁当を非常階段で食べていたヨンジャはソンジェに

見られてしまい焦ってしまいむせてしまいます。

一方、イェラとジウクはお昼を食べに行きますが、ジウクは冷麺も辛いものも好きではないと残してしまいます。

ソンジェとヨンジャが話しながら歩いているところに、ジウクが声をかけます。

ジウクはヨンジャが残した弁当を持っていることに気付くと

自分が食べると言って持ち去ります。

それを見て不満を募らせたイェラはヨンジャに、ジウクに色目を使ったと詰め寄ります。

ヨンジャは、無理やり私のお弁当を奪っていったんですよ 見ましたよね?常務は私のタイプではありません!こんな話で呼ばないでくださいと言います。

イェラは、彼の気を引いてるくせに。だから あなたに目が行くのよ!と難癖をつけます。

ヨンジャは、私を見るなと常務にいってください。こっちに言われても困りますと言い放ちます。

ヨンジャは帰宅途中、イェラに貸したコートを着ている女性に

内側にイニシャルがあるか見せてくださいと言います。

女性はヨンジャをスリと勘違いします。

そこにソンジェが現れます。その女性はソンジェの母親なのでした。

つづく

もう一度始めよう あらすじ10話

(感想)

ジウクはヨンジャに気があるような態度をしてるような…

本人は気づいてないのね~


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク
スポンサードリンク