もう一度始めよう あらすじ51話

「もう一度始めよう」を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!(2022年10月31日 23:59まで配信)
↓ ↓ ↓
U-NEXTで 「もう一度始めよう」を視聴する!

もう一度始めよう あらすじ51話

テソンはヨンジャに詰め寄られ、産婦が死んだ日に君が分娩室にいたということだ。分からないか?当時 分娩室にいたのはナ院長ではなく君だったと言います。

ヨンジャは、一体何を言ってるんですか!分娩室に私がいたからって…といいかけ止まります。

テソンは、当時の記憶がよみがえったかな。ナ院長も気の毒に…

娘に知られまいと努力してきた苦労が水の泡だ。医師試験の数日前かな…ナ院長が留守の時 君が子どもを取り上げ、そのあと産婦は子宮弛緩に。そして搬送中に死んだと明かします。

ヨンジャは、違います。あの人は死んでません!救急室で回復したと…と答えます。

テソンは、父親がそう言ったのか?死んだのは事実だ。医師免許のない娘が医療法に違反した。娘の将来を案じて今までお父さんはどれだけ苦労したか…さっき 彼に会ったよ。提案を断られてきたところだ。

君に頼みたい お姉さんのヨンインに うちの息子を諦めろと説得してくれ。君のお父さんの苦労をムダにしないために私との話も他言無用だと言います。

ヨンジャはテソンの話に愕然とし立ち去ります。

ジウクはソンジェに、なぜか分からないがヨンジャさんが社長室から出た後すぐ帰った。とにかく何か変だと相談します。

ジウクは、ビル購入の資料を見ると公示価格で買ったビルがあった。

通常なら実勢価格で買って補償金も渡す。公示価格で買えた理由が分からないと話します。

ヨンジャは産婦の名がユ・ミンスであることを確認し、葬儀を行ったことや埋葬地まで調べ、なぜ嘘をついたのかとボンイルに泣きながら詰め寄ります。

つづく

もう一度始めよう あらすじ51話

(感想)

テソンってイェラという娘がいながら、よくヨンジャにあれほど

ひどいことが言えるんだろう…😤😤😤