もう一度始めよう あらすじ56話

「もう一度始めよう」を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!(2022年10月31日 23:59まで配信)
↓ ↓ ↓
U-NEXTで 「もう一度始めよう」を視聴する!

もう一度始めよう あらすじ56話

ジウクはヨンジャの家の前でテソンとボンイルを脅迫しているのを

物陰から目撃し、ビルの契約の件で裏に何かあったことを確信します。

そんなある日、会長のビョンチョルが留守の間にテソンの妻ミランがジスクに、こちらでどんな仕事を?と問います。

ジスクは、会長の健康管理ですと答えます。

ミランは、分かってるようですね。じゃあ 余計な口出しは控えて仕事に専念してください。イェラに とやかく言わないでほしいんです。会長の妻にでもなったつもりかしら?と嫌味を言います。

ジスクは、お言葉ですが…と言いかけると

ミランは、言葉を遮らないで!会長夫人の座を狙っているなら諦めたほうがいいわ。身の程をわきまえることね。イェラの後ろには私がいることを忘れずに。二度と同じことで足を運ばせないでねと忠告します。

ジスクは、イェラさんはお母さんにもそっくりなんですね。話し方まで瓜二つです。お見えになったと会長に…お気をつけてと席を立ちます。

一方、ジウクはヨンジャに、お父さんのビルをウナファーマーズに売却した?と尋ねます。

ヨンジャは、何故それを?と驚きます。

ジウクは、何かあったら頼ってほしいと告げます。

ジウクはテソンにファーマーズの社長を解任し、ビルの件はナ院長と

あって解決しますと告げます。

自分の計画をじゃまされたテソンは腹を立て、ボンイルの家に乗り込み金を叩きつけて消えてくれと暴言を吐きます。

つづく

もう一度始めよう あらすじ56話

(感想)

ミラン、テソン、イェラの3人は、ホントにソックリな親子だよね~

ヨンインと付き合ってるソノだけ違う性格なのかな~?