もう一度はじめよう あらすじ114話

「もう一度始めよう」を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!(2022年10月31日 23:59まで配信)
↓ ↓ ↓
U-NEXTで 「もう一度始めよう」を視聴する!
もう一度はじめよう あらすじ114話

病院のロビーで倒れたテソンに駆け寄ったヨンジャは
検査を勧めるを医者の話を聞かないテソンにあきれます。

その後、ヨンジャは会長に付き添うジスクに、面会時間も過ぎたし何か食べるように言います。

そんな中、ヨンジャは偶然聞いてしまったテソンの症状からパーキンソン病なのではないかと疑いを持ちます。

イェラは父が理事会で新会長候補に選ばれたから株の委任状を渡せと詰め寄ります。

ヨンジャはイェラに、そんなことよりも一刻も早くテソンを病院へ連れて行くよう忠告します。

ヨンジャの長姉はソンジェを訪ね、昨日父にあったそうですね…父は罰を受けると言ったとか…そのことで…お願いがあって来ました…
父を許していただけませんか?こんなお願いはすべきではないと分かっていますが、でも父があまりにも 哀れで…と頼みます。

ソンジェは、それは僕が決めることではありませんと突き放します。

長姉は、あの日の出来事も元を正せばテソンのせいで起きたことなんです。ビルを売れと あの男に強引に呼び出されて仕方なく病院を空けたんです。それでヨンジャが分娩室に駆けつけることに…言い訳に聞こえるかもしれませんが この通りお願いしますと頭を下げます。

ヨンジャはソンジェに呼び出されますが、出かけようとしているところにテソンが押しかけてきて訴訟を取り下げろと脅します。

そこにソンジェが現れ、院長は隠してはいないとテソンに言います。

つづく

もう一度はじめよう あらすじ114話
(感想)

テソン1人が悪者になっていて、大変