招揺 あらすじ44話

招揺 あらすじ44話 「目障りな恩人」 万路門では門主3人の体制が始まります。 姜武(きょうぶ)は、勝手に無悪殿を自分の寝床に決めます。 姜武は夢の中で琴千弦に出会います。 琴千弦は姜武に、変わったな…やっと〝慈しむ”心を知ったかと言います。 姜武は、何を知ろうと お前には関係ない!と言います。 目が覚めた姜武は傍若無人な行動で門徒たちを困らせ、何かと路招に言い寄ります。 そんな中、まともな門主の […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ46話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ46話 「莫府の悲劇」 盗賊と官兵に追われている不棄に莫若菲は、母上に代わって償わせてくれ。都入りは難しいから私と行こう。莫府の馬車なら尋問は受けぬ。手伝わせてくれと説得します。 その道中、誠王の孫が謀反を起こしたと耳にします。 不棄たちが莫府に到着したところに官兵が現れ、 隠し部屋に逃げ込みますが莫夫人と剣声が次々と殺されてしまいます。 何とか逃げ […]

招揺 あらすじ43話

招揺 あらすじ43話 「三人の門主」 ついに4度目の炸(さく)裂を起こし花火となった招揺は万路門に戻ってきましたがひどく衰弱していました。 牢から出た厲塵瀾(れいじんらん)はそんな招揺を抱きしめ、これからは全ての苦しみを俺が受ける。これで4度目…心配でならぬと言います。 招揺は、私は悪名高き女魔王よ…地獄に行っても門前払いされるわ…と答えます。   厲塵瀾は、黄泉の国に攻め入っでも必ず君を連れ戻す […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ45話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ45話 「皇帝の刃」 陳煜(ちんいく)は朱八華を救うために牢に潜入しますが 白漸飛 の計略にはまり捕らえられてしまいます。 皇帝は陳煜に、碧羅天を探すどころか花不棄を連れて逃げ牢まで破るとは罪は重いぞ。罪を認めるなら碧羅天の地図と聖珠を渡すよう迫られ短刀で胸を刺されます。 皇帝は自ら陳煜の胸を刺し、大医を呼びます。 大医は、傷口が深く出血も多いため恐 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ44話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ44話 「つかの間の蜜月」 雲琅(うんろう)は莫府を訪ね、林兄妹に、馬疫の治療に苦練草と鉄馬蓮が必要ですと訴えます。 林玉泉は、呉府から大口の注文があり切れているのだと言います。 林玉泉は、自分たちを脅している男からの指示で、薬は渡すなと言われていました。 林丹砂は兄に刃向かいますが、縄で縛られ閉じ込められますが逃げ出し、雲琅に薬を渡します。 飛雲堡 […]

招揺 あらすじ42話

招揺 あらすじ42話 「捕らわれの身」 姜武(きょうぶ)は招揺に、お前に惚れた理由を聞きたくないか?と聞きます。 聞きたくないと答える招揺に姜武は、知りたくなくても言う。お前が原因で生まれた者がいる。信じるか?と聞きます。 招揺は、信じるわ。あなたでしょ?と答えます。 知ってたかと言う姜武に招揺は、琴千弦から聞いたと答えます。 姜武は、その時の状況と似てないか?琴千弦と過ごした日々だ…人は俺を琴千 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ43話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ43話 「誠王の末裔」 陳煜は口の利けない白瑪に変装し、朱家の店で働くことになります。 一方、蕭九鳳(しょうきゅうほう)は白瑪からの知らせが届き、砂漠の地理に詳しい白瑪を花不棄が雇い入れたと 書いてありました。 それを聞いた東方炻は、砂漠を通る護送車を襲うとしたら その中には陳煜がいるのでは?と憶測します。 蕭九鳳は、朱府の護衛を斉雲山に集結させて護 […]

招揺 あらすじ41話

招揺 あらすじ41話 「婚礼の儀」 厲塵瀾(れいじんらん)は司馬容に、心蓮の力を解放するにはどうすればいい?と尋ねます。 司馬容は、心蓮は千塵閣の宝だ。千塵閣の閣主しか操ることができぬが 琴閣主は法力を奪われたうえ眠ったままだ…何とか別の方法を考えてみると答えます。 万路門では招揺と厲塵瀾の婚礼に向け、門徒は皆、準備に追われていました。 そんな中、顧晗光(こかんこう)は婚礼の料理を考えている沈千錦 […]

コウラン伝 始皇帝の母 あらすじ9話

コウラン伝 始皇帝の母 あらすじ9話 嬴異人はコウランに、趙王の側室になりたくなければ、 逃げなさい。逃げるしかないと言います。 コウランは、今は戦の真っ只中 あなたの身にいつ何が起きるか分かりませんと答えます。 嬴異人はコウランに、呂不韋殿の所に行きなさい。もう二度と会いに来ないでほしいと言って立ち去ります。 コウランは趙王に、家族に会うために里帰りをしたいと嘘をつきます。 趙王は3日の休みを与 […]

コウラン伝 始皇帝の母 あらすじ8話

コウラン伝 始皇帝の母 あらすじ8話 雅王女は呂不韋(りょふい)と嬴異人(えいいじん)に、コウランが趙王暗殺の容疑で逮捕されたと知らせに行きます。 呂不韋はすぐに皇宮に向かい殷小春(いんしょうしゅん)医師に、王様はお目覚めに?と容体を尋ねます。 心配なのは王様?それともコウラン?と問う殷医師に呂不韋は、まったく…と舌打ちします。 殷医師は、大丈夫。じきに意識を取り戻すわと答えます。 呂不韋は、宮殿 […]

1 75