月に咲く花の如く あらすじ5話

月に咲く花の如く あらすじ5話


月に咲く花の如く あらすじ5話

「疑心暗鬼」

呉聘(ごへい)は沈月生が珍しい刃物で心臓を刺されていたと聞かされます。

そんな中、父の呉蔚文(ごいぶん)に反対されているにもかかわらず呉聘は沈家に弔問に行きますが、帰りに暴漢に襲われて意識不明の重体になります。

一方、周瑩(しゆうえい)は呉聘に今まで嘘をついていたことを謝り、呉(ご)家東院から出ていこうと呉聘の帰りを待っていました。

その時、ケガをした呉聘が運ばれてきて死にかけていると知った

周瑩は出発を取りやめます。

呉聘を襲った容疑で沈星移(しんせいい)が連行されます。

星移は頑なに犯行を認めようとせず、拷問を受けても口を割らないのでした。

つづく

月に咲く花の如し あらすじ5話

(感想)

呉家の使用人が呉聘(ごへい)を襲っている暴漢の腕を噛んだと

証言していたの。

星移は腕にケガをしていて、ワザとにロウソクの火をケガに

当てていたのは 犯人だったからじゃないのかしら❓