月に咲く花の如く あらすじ53話

月に咲く花の如く あらすじ53話

月に咲く花の如く あらすじ53話

「残酷な真実」

周瑩は沈星移の取引相手の西洋人クラウディを訪ねると、
部屋の中からクラウディと沈星移の言い争う声が聞こえます。

周瑩は話の内容から沈星移が生糸を調達できなくなったと知って、〝今回赤字を出しても生糸を用意します。同質の生糸の卸値が市価を超えたら他の業者への乗り換えを許可しますから、
契約の範囲内なら10年間うちとだけ取り引きしてください″と
売り込みます。

王世均は周瑩に、星移が上海から近い湖州に行かないのは
値が310両以上するからですと心配します。

周瑩は王世均に、2千袋を確保できれば いくら出しても構わない。商いは十年先まで見通すべきだわ!もし1袋350両で仕入れれ馬2千袋で8万両の損失が出るわ。でもクラウディと十年契約を結べれば年に 1万両は稼ぎ十年以内に損失を補えると
話します。

そんな中、湖州から仕入れた生糸の検品でひと綛分の色むらが見つかったと王世均から伝えられた周瑩は、すぐにクラウディを訪ねます。

周瑩はクラウディに、色むらのある生糸が混じっていますと正直に言います。

クラウディは周瑩を信用し 十年契約を結ぶことを決め、周瑩を商工会の友人に紹介するのでした。

周瑩が帰郷のため港で船を待ってると星移が現れます。

なぜ黙って去る?と問う沈星移に周瑩は、何も話すことがないからよ…と答えます。

嘘をつくな…商を横取りした…と言う沈星移に周瑩は、あなたが生糸を手配できないと聞いたからよと答えます。

沈星移は、君が彼と十年契約を結んだせいで私はお払い箱だと
言います。

周瑩は、沈の若旦那 クラウディにこだわらず他を当たってみれば?と答えます。

沈星移は、西洋の商人は他にもいるのになぜ私の客を?と問います。

周瑩は、商機をものにして何が悪い?あなたは たまたま運悪く客を横取りされただけよと答えます。

沈星移は、なぜ上海に来た?と問います。

周瑩は、商いのためよ…と答えます。

沈星移は、違う。私に会うためだと言います。

周瑩は、目が覚めたの。なぜなら軍需品事案の真相を知ってしまったからよ。呉家東院を陥れ義父を死に追いやったのは あなたの父親…沈四海よと星移に、別れを告げます。

つづく

月に咲く花の如く あらすじ53話
(感想)

趙白石の文に書かれていたのは、軍需品事案の真相が書かれていたんだね😨

周瑩が上海にいる星移と会うことができて、ダンスをしたり
幸せな時を過ごした後に なぜか星移の前から消えたのは
そういうこ