月に咲く花の如く あらすじ56話

月に咲く花の如く あらすじ56話

月に咲く花の如く あらすじ56話

「正義の裏側」

沈四海は杜明礼の指示に従い、趙白石を失脚させ周瑩を潰すために訴状を書きます。

一方、味経書院で住み込みで働きはじめた沈星移は、〝変法″の話を聴くうちに興味を持ち、いろいろな本を読むようになります。

同じ頃、趙白石の元に恩師である張長清がやってきます。

その後、趙白石は味経書院にいる星移を訪ねて行き、
杜明礼を排除するおため手を組もうと持ちかけます。

星移は、社会自体が変わらなければ何も変えられないと協力を断るのでした。

そんなある日、工員たちが周瑩と趙白石が密通していると噂が広まります。

そんな中、周瑩の元に呉漪から食事を招待する案内状が届きます。

そこで周瑩は趙白石が恩師と慕う張長清と会食し、意気投合しますが、織布局の全株を売るよう迫られてしまいます。

趙白石は張長清に、沈家の財を搾取する杜明礼と何も変わらないと先生のやり方に反対します。

 つづく

月に咲く花の如く あらすじ56話
(感想)

呉漪は自分に関心がない趙白石が 周瑩のことになると一生懸命かばう姿に 周瑩に嫉妬し始めたね😱

自分にやましいことは一切ない周瑩は、呉漪のことをとても
心配しているのに… 呉漪には届かないんだよね💦