月に咲く花の如く あらすじ68話

月に咲く花の如く あらすじ68話

月に咲く花の如く あらすじ68話

「復讐の狼煙」

機器織布局は酷い赤字続きで悩んだ杜明礼は沈四海に、日昌和から資金を移し、黒字になれば戻すと提案します。

沈四海は、確かに業績はまずまずですが、手元に残る銀子は わずかで 大金は出せませんと断ります。

杜明礼は、機器織布局の収益は郡王の業績です。郡王の面目を潰すつもりですか?7日以内に金を用意しろと立ち去ります。

沈四海は資金繰りに追われ始め、資金調達のために苦肉の策で一時しのぎしようとします。

ほっとしたのも束の間、予想外の事態となって日昌和では取り付け騒ぎが起こります。

その裏では周瑩が、義父上と呉聘(ごへい)のため、呉家と
沈家の争いに決着をけようと手を回していました。

杜明礼に資金の調達を頼みますが、冷たく突き放された沈四海は取引のある同業者を回るのでした。

  つづく

月に咲く花の如く あらすじ68話
(感想)

周瑩は 復讐するために この時を待っていたのね〜😅
女は怖いよね😱

やっぱり 世の中 お金がないとね〜🌟

お金で幸せは買えないかもしれないけど、
目的は達成できる⁉️