晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ18話

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ18話

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ18話

「まことの心」

姽嫿城 に戻った晩媚と長安は城主である姹蘿 から
晩媚が傷でどんな顔になったか聞かせよと長安に命じます。

長安は、顔の左半分に大きな傷が…と答えます。

姹蘿 は、きみの悪い顔か?と聞きます。

長安は、そうは思いません。晩媚様は私の主人だったお方…
生死を共にしました…どのような顔になろうと 晩媚様ですから…と答えます。

姹蘿 は、ならば流光の影をやめて晩媚の元へ戻りたいか?と問います。

長安は、首を横に振ります。

姹蘿 は、嬉しそうに笑い、口だけはうまいが非情な男だな。
まあいい これで面白くなった。それを聞けば晩媚も情けをかける気も失うだろう…と言うと 無断で出た長安は膝切りの罰を言い渡します。

晩媚はそれを見守る役を命じられ長安に、誤解は沈黙から生まれるものだわ…だから あなたの話を聞く。なぜ摘星楼であんなことを?と問います。

長安は、あなたを選べなかっただけです…と真実を話さず、
「主従の縁はこれまで」と冷たく言います。

晩媚は、〝裏切らない″と言ったわ!と声を荒げます。

長安は、晩媚様…我らに先はない。私の失言や過ちは…何をしても償いきれない。私を恨んで当然です…この罰とて当然ですと話します。

晩媚は、私に誓ったくせに!に怒ります。

長安は、では取り消します。私が姽嫿城 へ来たのは目的があるゆえ。私の言葉は本来の目的から外れていた…だから私は
元に戻っただけですと突き放すのでした。

その後、気を失った長安は流光の元に連れてこられます。

流光は、死ななかったのね…あの罰で死ななかったのは 城主の影の刑風に続いて これで2人目よ。私の部屋へ運んでと
命じます。

晩媚は李嗣源に、私は疲れました…いきるのが…ひどく苦しいのです…と辛い心の内を正直に打ち明けます。

李嗣源は、大事なものを失ったからだろう…愛する者をな…
姽嫿城 に戻ったのは長安のためか?と問います。

晩媚は、いいえ…生きるため…以前の私は違った…食べるためなら人と殴り合いもしました…たとえ転んでもすぐに立ち上がった…天が命を奪おうとしても生きるためなら必死であがいた…と話します。

李嗣源は、今は?と問います。

晩媚は、私は変わりました…分かりません。なぜ変わったのか…血蓮教の藍若が幽禅を守る姿を見ました…
思えば私も同じように守られてた…だから どんな理由でもいい 知りたかったのに…と言います。

李嗣源は、長安は何の弁明もしなかったのか?と問います。

晩媚は、〝主従の縁はこれまで″と…それだけです…あの人を忘れるため鞦韆(ブランコ)を取り外そうとした時急に気づきました。縄を引きちぎる力さえ残ってない。ほんの一瞬で立ち上がる気力まで失ってました…と吐露します。

李嗣源は、生きるために姽嫿城 に来たのだろう?と問います。

晩媚は、ええ…でもここへ来て現実に直面しました…良心を捨てねば生きてゆけないと…その時 あの人が希望をくれたんです…そしていつの間にか あの人が唯一の支えに。あの人を失ったら 何のために生きれば?屍のようになって生きるならしだほうがいい…と告げます。

李嗣源は、ならば私と一緒に来るがよいと言うと歩き始めるのでした。

その頃、流光は長安に、私が顔の傷を治す方法を教えたら…なんでもするのね?と聞いていました。

一方、李嗣源は、以前 晩媚が飛び降りた断崖絶壁に連れて行き、ここに立てば本来の自分が見えるだろうと告げると 洞窟石のを開け 入るように促します。

洞窟の中で、李嗣源は晩媚を横に座らせると、以前 そなたに往生池で血蠱を与え 私の目が治ったと教えたな…私の目は生まれつき見えなかったと思うか?と問うと

晩媚は、若様のことを勝手に詮索できません…と答えます。

李嗣源は、14歳の時に母が煙でいぶし私の目を潰した。当時 私は血気盛んで堂々たる太保(右大臣)だった…しかし母は私を守るために目を潰した…当時 私は絶望した。今のそなたのように…こう思った 〝目が見えぬまま生きるなら 死ぬほうが良い″と…と打ち明けると、

それから?と尋ねる晩媚に李嗣源は、母に連れられ ここへ来た…と洞窟の天井を見上げます。

つづく

晩媚と影 あらすじ18話
(感想)

流光にも姹蘿 にもかつて愛した影がいて悲恋だった💦💦💦

姽嫿城 にやってくる薄幸の少女たちは そんな悲恋の中
殺人をしながら大人になっていくのね…😭

もしかして…姽嫿城 に住んでいる男女は、皆 不幸せなのだと李嗣源は言いたいのだろうか❓

このドラマ 吸い込まれていく感じで 面白いです✨