女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ42話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ42話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ42話

「後宮入り」

朱鈺は母に、皇太子はどこだ!皇太子を盾に兄上を脅迫するとは!と責め立てます。

そこに汪国公が現れ、皇太后様を責め立てないでくださいとここれは私が提案したと明かします。

祁鎮が静慈師太を後ろ盾に帰還したことにより、祁鈺の帝位が脅かされると思った祁鈺の母と汪国公が、皇太子を人質にして復位を諦めさせようとしたのでした。

祁鎮は皇太子が戻ってくると安心します。

一方、允賢はまだ咳が止まらず、太医院で仕事をしていました。

宮中で休めと言う朱鈺に允賢は、実家で休むわと答えます。

朱鈺は、皆 帰京させた。呼び寄せるから宮中に戻れ。そなたがいない間は心に穴が開いたようだった…毎晩 この簪を見ながら眠りについた…もう離れたくない。頼む…朕のそばでゆっくり静養してくれ…と肩を抱きます。

允賢は、ダメよ…宮中に戻れるのは うれしいわ…でも 私の身分は何になるの?もう一度よく考えて…私はもう少し ここで過ごすわ…衰弱した銭皇后をほっておけない…と告げます。

その頃、皇后・汪美麟は允賢がまだ生きていたと聞かされ驚きます。

祁鎮は允賢に、朱鈺と一緒になれ。オイラトの件は忘れるのだ…信頼できるもの者が宮中にいる。その者の名義で祝儀を出そうと言います。

允賢は、やめて…私が朱鈺を信じてと言ったせいで…ごめんなさい…苦しめてしまって…入内はしないと言います。

祁鎮は、朱鈺のために帰ってきたのだろう?強がらずに現状を受け入れろ。オイライトのことは何も認めるなと言うと、允賢の涙を拭ってやります。

そんな2人を偶然見てしまった朱鈺は嫉妬に駆られます。

朱鈺は、太上皇に接見した大臣らの名を列挙せよ。今後は朕の許可なく面会はさせぬ。允賢を入宮させ、明日劉平安を南京太医院に赴任させよ。それから南宮への支給金は倍加せずこれまで通りでよい。使用人の増員も取りやめる。王座を退いた兄上が側仕えもなく太上皇の威厳を保てるかとくと拝見しようと
祁鎮に憎しみを持つのでした。

万安宮に来た允賢は、そこで祖母と再会します。

朱鈺が允賢の機嫌を取ろうと呼んだのでした。

つづく

女医明妃伝 あらすじ42話
(感想)

皇帝になった朱鈺の変貌にガッカリ😩

あんなに誠実だったのに、どうなっちゃったのかしら❓

允賢には相応しくない😤