女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ44話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ44話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ44話

「貴妃の心労」

朱鈺は允賢の噂が耳に入るたびに心が乱れます。

皇后・美麟は朱鈺の前では常に寛容な心でで懐の深い皇后を演じます。

しかし、美麟は允賢を排除するため、ひそかに允賢の貞節にまつわる悪い噂を流していました。

祁鈺は正式に允賢を貴妃に封じます。

允賢を見舞った祁鈺は、允賢が素っ気ない態度と他人行儀な
言動に、嫌がらせか!貞節を疑ったことへの仕返しだな!朕を苦しめて楽しいか?と怒って立ち去ります。

允賢は過度の心労から、何度も高熱を出します。

程村霞は陛下に、心の病は心で治すものと進言します。

朱鈺は、衰弱した允賢に、喧嘩はよそう…言いすぎた。元気になったら祖母に会いに実家へ行ってもいいと言って励まします。

允賢は祖母のもとに行き、ずっとそばにいたい…戻りたくないと言います。

その頃、孫皇太后が朱鈺に、よくもやってくれたな!そなたが噂を流したな。祁鎮を南宮に軟禁したのは私の指示だと!と憤怒します。

朱鈺は、そのような噂が?ととぼけます。

そんな中、美麟が入れたお茶を飲んだ皇太后が中風の発作が出て倒れてしまいます。

美麟の仕業だと知った朱鈺は、朕を思えばこそだろう…朕のことをそこまで思ってくれるのはそなただけだと、コロリと騙されます。

その頃、允賢は祖母の家で祁鎮と会います。

祁鎮は、お前を朱鈺に渡したのが間違いだったと言います。

関係ないわと答える允賢に祁鎮は、大ありだ。後悔している…
奴に譲ったばっかりにお前を苦しめた。たとえ皇后を悲しませても そばに置けばよかったと話します。

祁鎮が允賢の首の傷を見ている所に、朱鈺がやってきます。

それを見た朱鈺は、何をしていた?わざわざ朕が迎えにきたのに他の男と密会とは!やはりエセンとも…と疑いの言葉を言うと、

祁鎮は突然朱鈺の頬を叩き、允賢に謝れ!お前を想って苦労に耐えたのにまだ疑うのか!と言います。

朱鈺は、允賢は朕の女だ!お前に口出しする資格はない!と小競り合いになります。

祁鎮は、お前に天下を譲ったのに 女1人守れぬのか!以前お前は私にひざまずき こう言った〝允賢を愛し守り抜く″あれは嘘か?お前はクズだと言います。

朱鈺は祁鎮を捕らえさせると頬を叩き、お返しだと言います。

允賢は、あなたの兄上よ!なぜ皇太子が病で面会できないと嘘を?すべて失った人にあんまりよ。それでも皇帝なの?と
言います。

朱鈺は、黙れ!何と言われようと今は朕が皇帝だ!と允賢を突き飛ばし、祁鎮を南宮に幽閉しろと命じます。

朱鈺は、允賢については朕がじっくりとかわいがり 潔白かどうか確かめると言い放ちます。

朱鈺は嫌がる允賢を無理矢理 自分のものにします。

朱鈺は允賢に、疑って悪かった…そなたは潔白だ…許してくれ。親しげな2人の姿を見て気が動転したのだと言い訳します。

允賢は大上皇を解放して…と言います。

朱鈺は、黙れ!それは国事だ!朕が謝ったのにいつまで泣いている!兄に操を捧げなかったことを悔やんでいるのか?と言い放ちます立ち去ります。

允賢は、泣き続けるのでした。

つづく

女医明妃伝 あらすじ44話
(感想)

本当に朱鈺が嫌いだわ‼️

こんな男のために允賢はどんなに苦労してきたのかと思うと
許せない😤😤

祁鎮は無鉄砲なところがあったけど 礼儀とか品があったよね

朱鈺には、允賢を大切にする気持ちはどこにも残ってない
馬鹿な皇帝になっちゃったね😩😩