霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ43話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ43話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ43話

「不穏な婚儀」

婚儀の前夜、天界では天兵たちが、別の天兵らによって倒され捕らえられていた。

婚儀の当日。新郎新婦の2人が入殿しても旭鳳は現ず、

天帝が吉刻は逃せぬと構わず始めようとしたところに、旭鳳が現れ、ゆっくりと2人の前に歩いてきます。

旭鳳は潤玉に、あれほど忠告したのに兄上が誤った道を進んだ結果 九霄雲殿(きゅうしょううんでん)が無実の兵のちで染まった…私が父上に恩赦を願い出るので、もうやめてくださいと告げます。

外で何があったのだ?と聞く天帝に燎原君は、九霄雲殿の周りに夜神殿下の兵がおり、太鼓の音が合図で攻め入る手はずになっていたと伝えます。

旭鳳は、兄上の兵は すでに制圧した…と告げると、

大勢の兵が入ってきます。

潤玉は天帝に、謀反を企てようとしましたが頓挫してしまったようですと言います。

旭鳳は、私より優れているはずなのに なぜこんなことを?と
問います。

悔いはないと言う潤玉に怒った天帝は、この謀反人を牢獄へ入れよ!と命じます。

潤玉は、仁義を重んじぬ父上が私にそれを望む資格がありますか?天帝の位に執着し実兄を殺め 花神を捨て 悪妻を娶り 私の母を辱めた!そして旭鳳は私の妻を奪おうと、誰しもが天界を至高の場所だと言う。だがここは最も汚らわしく残酷な
下卑な場所だ!と叫びます。

その時、めまいがした天帝は婚儀が始まる前に潤玉からの杯に
何が入っていたと気づきます。

潤玉は、殺気香灰を少々。4時間ほど脱力をと明かし、父上は天帝になるため身近な者の死もいとわず母を利用し、龍魚族を滅亡させた!悪辣の極みでは?罰を受けるのは至極当然の事。
因果応報なのです。私の所業が天地の恥になろうとも構わない。でも私の母には生み育ててくれた恩を返したかった…と言います。

それを聞いていた錦覓は、育ててくれた恩?と心の中でつぶやきます。

そこにいた兵たち全員は、我々は夜神殿下を新天帝に推挙し六界で天界の威厳を取り戻すと言うと潤玉に忠誠を誓うのでした。

戦いが始まり、燎原君が殺された旭鳳は怒りで体全体から炎が立ち上がります。

そんな旭鳳を見た錦覓は、旭鳳を刺し殺し、あなたが父と義母を殺したからよ!と泣き叫ぶのでした。

旭鳳は錦覓に、これまでに私を愛したことは?と聞きます。

錦覓は、ないわと答え、旭鳳の横に倒れ、情とは一体何かしら?愛していたのに なぜ殺したのかしら?と問いながら意識を失います。

天帝も旭鳳の死を嘆き悲しんで自ら元神を破壊して滅び

潤玉が天帝に即位します。

半年も昏睡状態で目覚めた錦覓は、もう旭鳳がいない現実を
知り、胸から全身に広がるような痛みに苦しみますが、でも
何がつらいのか分からないと言って血を吐いてしまいます。

潤玉は、あれは君のために咲かせた月下美人だ。きれいだろ。
この春の間にきちんと婚儀を挙げよう…と言います。

潤玉は牢にいる旭鳳の母に、旭鳳も天帝も亡くなり自分が
天帝になったことを伝えて、復讐を果たします。

つづく

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ43話
(感想)

天后に生母を殺され、虐められてきた潤玉は復讐を果たし
悲しみも苦しみも それで治るのかしら❓

でも、天后が現実を知った時の顔‼️ スッキリしたわ🌟