大唐見聞録ー皇国の使者ーあらすじ21話

大唐見聞録ー皇国の使者ーあらすじ21話

大唐見聞録ー皇国の使者ーあらすじ21話

安蘭は誰かに操られたと言う雲燁に李世民は、あの子の口を開けるなら話を聞き 助けろと言います。

雲燁は薫風殿にいる安蘭に会いに行き、俺も一緒に仇を討ち共に逃げ共に死ぬ!君を離さないし死なせない。好きな人を守り抜く。言わないなら自分で調べると言います。

安蘭は自分をかばって刺された雲燁を気遣いますが、雲燁を巻き込みたくないと黒幕の名は頑なに明かそうとはしないのでした。

雲燁は、玩具屋に行ってみると兵士たちがいて、馬車が燃え
死体が見つかったと聞かされます。

雲燁は死体を見ると、焼死なら口を開けるはず なぜ手で押さえてる?と疑問を持ち口を開けさせると、口の中から黒い球が出てきます。

そんな中、町中に安陽公主が陛下を暗殺しようとしたと噂が広まり、国の存亡を懸念した皇后は安蘭を大理寺の牢に入れ時間稼ぎをします。

雲燁は牢にいる安蘭に、誰なのか教えてくれと説得しますが
話さないでした。

義兄から田が死んだと聞かされた安蘭は、黒幕は一体誰なのか調べるように言います。

そんな中、皇后は李承乾に、そろそろ太子妃を選ぶべきでは?と言います。

李承乾は、急いで決めなくてはなりませんか?と聞きます。

皇后は、陛下の意思でもあります。先送りはできぬ。想い人はいるの?と尋ねます。

李承乾は、それが…馬球大会の時候将軍の令嬢に会いました…あの方を…と答えます。

候小妹のことですか?と聞く皇后に李承乾は、私を慕ってくれてます。小妹を妃に…と言います。

皇后は、小妹は美しいがただ性格は…と難色を見せます。

李承乾は、将軍の娘とは思えぬほど温和ですと答えます。

皇后は、では陛下に話してみましょう…と言います。

一方、雲燁は焼死体の口の中にあった球を振ると音がするので
調べていると〝魯班鎖”という組み木で墨家の人が作っていたのをみたことがあると木工職人に言われます。

 つづく

大唐見聞録ー皇国の使者ーあらすじ21話
(感想)

李承乾は美男子なんだけど…気が弱いのが残念だよね〜😩

あんなに辛月のことが好きだったのに、候将軍に詰め寄られ
好きでもない小妹を太子妃にって言ってしまう李承乾が
許せないわ😩

雲燁はずっと一途に安蘭を愛し続けて、
カッコいいな〜と思うわ✨✨