大唐見聞録ー皇国の使者ーあらすじ32話

NO IMAGE

大唐見聞録ー皇国の使者ーあらすじ32話

安蘭は敵討ちのため皇宮に忍び込み高士廉の暗殺をしようとしていました。

公輸木(こうしゅぼく)は安蘭が1人で出かけるのを見て後を追います。

そして、兵に囲まれてしまった安蘭を助けるために矢を射られ、捕えられてしまうのでした。

安蘭は東宮に逃げ込みますが、そこには李承乾がいました。

死んだはずの姉との再会に驚く承乾は、本当に姉上か?生きていたのか…と近寄ります。

安蘭は、仲間を助けて。説明はその後よと言います。

李承乾は、任せて 大丈夫だと答えます。

そこに、侍衛が来て男は口に隠した毒を飲み息絶えてしまいましたと死体を置きます。

李承乾から、高士廉はここにはいない陵墓へ連れて行かれた。皇宮は父上が張った罠だと聞かされた安蘭は、こんなにも申国公をかばうのはきっと何かあると思うのでした。

李承乾は安蘭に、私は生まれた時から駒でしかなかった…父上にずっと操られている…私は我を抑え 辛抱し 皆の望む太子になろうとした。でも手に入ったのは?愛する女を最高の友に嫁がせた挙句 姉上の信頼まで失った…弟にも地位を脅かされている。私は何を得た?天が不公平だと思うならひっくり返して他の天に換えようと言います。

安蘭は、そんな言い方 まるで謀反だわ どうかしている!と
諫言します。

李承乾は、父上の在位中に高士廉は罰せられぬ。だから姉上はここに乗り込み、仲間も犠牲になったのでは?ならば手を組もう。即いた暁にはすべてを変える。高士廉をその手で成敗させ仇を討たせようと言います。

安蘭は、今は答えられない…でも他言はしないと約束するわ…
よく考えて 今なら まだ引き返せる。でも一方踏み込んだら後戻りできないわと冷静になるように言います。

一方、玉山の作業所が大爆発し、意識が戻った雲燁は辛月から
ここは麓の野営地で、魏王も怪我をしていて治療中だと聞かされます。

雲燁は、防火の備えは万全なのに急に火災が起きた…とても普通の事故とは思えない…これは放火による事故だと。警備の者の目を盗むには内部に詳しい者でなきゃ不可能なはず…まさか内通者が?君は馬車で来たのか?と辛月に聞きます。

ええ 御者はすぐ帰ったわと答える辛月に雲燁は、爆発の時 見えた怪しげな男は?と聞きます。

いいえ 覚えてないわと答える辛月に雲燁は、辛月 顔色が悪い。気分が悪ければ先に戻ってと言います。

安蘭が皇宮に行ったのを知らない雲燁は、焼け跡を捜します。

安蘭は皇宮から玉山に戻ると、雲燁を捜しますが、爆弾に関わっていた者は全員大理寺の牢に入れられるのでした。

李承乾は安蘭に、父上が帰ってきたら爆弾の発明者の雲燁は死罪だ…例のこと決心した?と聞きます。

安蘭は、ええ 手を貸すわ…でも条件が2つある…一つ目、雲燁を巻き込まず傷つけないで。2つ目、墨家の者を釈放し城外に送り出してと言います。

その頃、候君集の手下が小妹の行方を探していましたが、
お菓子を渡した男の子から、辛月の亡くなった友達にあげたいと聞いて尾行します。

お菓子の置いた場所を掘ってみると、指が出てきます。

候君集は辛月を調べ証拠を見つけろと命じるのでした。

手下は牢にいる辛月に、お命が危ないので これに着替えて
私と逃げてくださいと騙すのでした。

 つづく

大唐見聞録ー皇国の使者ーあらすじ32話
(感想)

やっぱり、雲燁は李承乾と辛月の様子がおかしいことに気がついていたね。

あの時、辛月が小妹に薬を飲ませていても、死んでいたんじゃないかしら❓辛月は直接手をかけたわけじゃないよね❓