招揺 あらすじ8話

招揺 あらすじ8話

created by Rinker
¥16,513 (2020/10/30 10:59:47時点 楽天市場調べ-詳細)

招揺 あらすじ8話

「江州での出会い」

芷嫣が招揺の名を出して善行をしようとすると、町人は皆んな逃げ出すのでした。

厲塵瀾(れいじんらん)は配下の阿大に琴芷嫣を見張るように命じていました。

阿大は、怪しすぎます。順安町で子供に山査子飴をやると、子供は泣いて逃げました。琴芷嫣に絡んだ詐欺師も逃げ去っていますと伝えます。

厲塵瀾(れいじんらん)は、芷嫣と名乗る女が何者なのか…
疑惑を持ちます。

一方、招揺は夜は元の姿に戻ることを知ります。

そして、善行を積んだ招揺は栖止地(せいしち)にある〝回元舗”に向かいますが、善行は1日に1回のみ有効で100銭よ。うちの店は1万銭以上持ってないと入れないのと教えられます。

なぜ100銭なのか聞くと、過去に犯したたくさんの罪と相殺すると稼ぎはないし、人にやらせる善行は100銭だと言われるのでした。

招揺はもっと人が多い江州へ善行を施しに出かけ、新山(しんざん)門の門主、姜武(きょうぶ)と出会います。

姜武(きょうぶ)は、俺は路招揺を高く買っていたんだ。美しいがじゃじゃ馬だったと聞く…衣を寄付する代わりに、厲塵瀾(れいじんらん)を殺して万路門を手に入れ門主となりたいと言います。

招揺は、姜武(きょうぶ)を見どころがあると興味を持ちます。

姜武もまた、物おじしない路招揺を気に入り、仲間になれと誘います。

招揺は、嫌よ。やることがあるのと断ります。

 つづく

招揺 あらすじ8話
(感想)

芷嫣と同じ顔になった招揺という設定が面白い🤣

厲塵瀾(れいじんらん)をもっと見たーい💓

created by Rinker
¥16,513 (2020/10/30 10:59:47時点 楽天市場調べ-詳細)