花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子 あらすじ1話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子 あらすじ1話
created by Rinker
¥13,693 (2020/10/30 18:39:40時点 楽天市場調べ-詳細)

「義侠との出会い」

薛府(せつふ)に火が上がり、薛菲(せつひ)と兄・朱華(しゅか)は追ってから逃げます。

菲は逃げる途中、廃屋で女の子を産み落とすと、殺そうとします。

兄の朱華に止められた菲は、この子は生きてはなりません。殺さねば!災の子です!生きていても 私と同じように誰かに利用されるだけです…己のために生きられぬ運命なら死ぬほうが幸せですと泣き崩れます。

その時、追ってが迫り朱華は赤子だけを連れて逃げます。

信王は、赤子を捜し出せ!連れ戻すのだと配下に命じます。

信王は菲に、他の男と通じ 子を宿したそなたを ひと言も
とがめず我が側室に迎えたのだぞ…なにゆえ私から逃げたのだと責めます。

菲は、〝碧羅天(へきらてん)の聖女”だから欲したのでしょう?私への愛など なかった…と答えます。

信王は、誤解しておるようだ…と言います。

菲は眠るように亡くなります。

配下の阿福は信王に、聖女の血は絶えませぬ。女子を産み落としたはず…と告げます。

信王は、一縷の望みは残された…必ずや 子を捜し出せと指示します。

ー数年後ー

朱華に抱かれて逃げ通せた赤子は〝花・不棄”(かふき)と名づけられ、朱華は(花・九 か・きゅう)と名を変え、人目を避けて
あてどない流浪の日々を送っていました。

そんなある日、泥で顔を隠した不棄が歌って稼いだ金を横取りしようとする者たちから救ってくれた犬を阿黄(あこう)と呼んで家族の一員にします。

不棄は、物乞いしながら旅するのが嫌で、商いを始めようかな…ちゃんと顔を隠せば大丈夫だよね?と犬の阿黄に話します。

花不棄は、九おじさんに内緒で商いに精をだし、咳がひどい九おじさんを医者に見せたいと、西の方まで酒を仕入れに行きます。

その途中、花不棄は義侠の悪者退治の場面に出くわし、
話に聞いていた天下の義侠・蓮衣客の本物と、運命的な出会いをするのでした。

実は蓮衣客は、信王の嫡子である陳煜(ちんいく)だった…

陳煜(ちんいく)は、助けた娘が薛菲によく似ていて、とりわけ瞳が印象深く、年齢も近い。こんな偶然があるのか…と
父が探している異母妹が不棄ではないかと疑いを持ち、
尾行します。

しかし、途中花不棄が九おじさんは実の父親だと話しているのを聞いた陳煜は、異母妹でないと尾行をやめるのでした。

 つづく

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ1話
(感想)

九おじさんのおかげで 不棄は物乞いをしながら
生きてこれたのね🤔

不棄の母は、とても綺麗な人だったし不運な死だったね😱

不棄は、明るくて機転のきく賢い女子になっていた✨
これからどうなるのかな〜

created by Rinker
¥13,693 (2020/10/30 18:39:40時点 楽天市場調べ-詳細)