鳳凰伝〜永遠の約束〜あらすじ11話

NO IMAGE

created by Rinker
¥14,164 (2020/10/30 18:46:33時点 楽天市場調べ-詳細)

鳳凰伝〜永遠の約束〜あらすじ11話

「不吉な予言」

牢に戻った厳寛は皇后が会いにくると、勝つも凝芝(ぎょうし)負けるも凝芝…凝芝は大勢を救い大勢を殺すでしょうと予言します。

凝芝は魏広に、みんなあいつの横暴と高慢に耐えてる。私たち
朗坤(ろうこん)に惑わされてるのと不満を言います。

魏広は、とにかく朗坤は皇后様に重用されている。皇后様は
朗坤の勝手放題をわざと放任しておいでだと告げます。

朗坤の横暴さが我慢できない凝芝は皇后様に、朗坤殿が容小使と宮女2人を連行しました。行いが悪いと言って拷問していると訴えます。

しかし、皇后は、朗坤が連行したのは、何の過ちを犯したか明らかにするため。潔白なら釈放される心配ないと取り合わず、

凝芝は、私も梨花学堂にいました。3人は無実です。朗坤に梨花学堂にかかわらせぬ約束でしたよね?と再度言います。

皇后は、違反したほうが悪い。理由があるはず。朗坤が捕らえたというのは必ず何か事情があると朗坤をかばいます

凝芝は、3人が無実と知りながら朗坤の横暴を許すのは後宮を混乱させるためですか?と皇后様に立てつきます。

皇后は、言葉に気をつけよ。さもなくばその首が飛ぶ。真心など要らぬ。欲しいのは従順だけ!と怒り、永徳宮での務めを解く承祥宮へ行けと命じられます

皇太后様に仕えることとなった凝芝は、皇太后を散歩に連れ出し、皇后の真似をして笑わせます。

そんなある日、かつて葉凝芝を助けてくれた謎の太監が再び大榕樹から姿を現し、巾着を置いて逃げます。

凝芝は足跡を追って行くと、そこは御膳房で朗坤が大臣たちを梨花学堂の宮女たちに接待させているのを目の当たりにします。

凝芝は追い出され 部屋に戻ると、巾着の中に文が入っていて〝明日 辰の刻に刺客が襲う 気をつけよ″と書かれていました。

翌日、凝芝は皇后様が心配で尾行していましたが、辰の刻になっても刺客が現れず、狙いは皇后様ではないと思います。

凝芝の前に、陛下が乗った輿が来ます。

すると、刺客が現れ、陛下を助けようと凝芝は飛び出して行き、頭を強く打ち意識が戻らないのでした。

一方、魏広は凝芝が怪我をしたと伝えられ、すぐに皇宮に戻ります。

魏広が戻った時には凝芝も目が覚め歩いていました。

凝芝は魏広に、あそこにいる厳寛(げんかん)と神出鬼没の四脚太監のことを考えてたの…〝梁で最も権力のある者が死ぬ″と
厳寛が予言したの。四脚太監は刺客のことを知っていたのかしら?と聞きます。

魏広は、四脚太監のことは謎だが、厳寛の狙いは天下大乱だ。
傅貴妃に近づき皇后を陥れた。厳寛は虚言で人を怖がらせ
その恐怖をもって人心を操る。牢の看守も厳寛の手下だ。
陛下はそれを知っていても、先帝の遺詔で厳寛を殺すことができない。それは、七星灯に祈り先帝の寿命を8年延ばしたからと話します。

どうやって?と聞く凝芝に魏広は、侍医が全員〝陛下は重病で死ぬ″と言い厳寛が祈祷したら治った。私の父上によると当時
侍医らの家族が皆奇病にかかった。厳寛が侍医を脅し先帝の前で嘘を言わせたのかもな…と話します。

 つづく

鳳凰伝〜永遠の約束〜あらすじ11話
(感想)

魏広は酒を飲んでいた時に、凝芝の怪我を知らされ、すぐに馬に乗って皇宮に戻ったんだけど、現代だったら飲酒運転だよね〜😅😅

created by Rinker
¥14,164 (2020/10/30 18:46:33時点 楽天市場調べ-詳細)