鳳凰伝〜永遠の約束〜あらすじ13話

鳳凰伝〜永遠の約束〜あらすじ13話
created by Rinker
¥14,164 (2020/10/30 18:46:33時点 楽天市場調べ-詳細)

鳳凰伝〜永遠の約束〜あらすじ13話

「無名の大元帥(だいげんすい)」

魏広は大元帥として出征し指示を出しますが将軍たちは、
容易く大元帥の地位に就いたがここは真の戦場だ。そなたが先鋒を務めて死ねばいいと反発を受けます。

魏広は、危惧するのは当然だ。敵軍に待ち伏せされ不利な状況に見える。今できることは敵を油断させることだと屈しないのでした。

一方、皇姉・龐貞(ほうてい)が突然、皇太后の看病を口実に宮中に戻ってきます。

それを伝えられた皇帝・龐通(ほうつう)は龐貞が謀反を企んでいるのではないかと警戒します。

龐通(ほうつう)は凝芝から受け取った宮中に関係する上奏文を皇后にも読むように渡します。

皇后は、読む必要はありません。梨花学堂からの訴えについて調べたところ 宮女の誤解だった判明したと話します。

龐通は、この書で朗坤が告発されている。隆華街に18の豪邸を持つと書いてあると言います。

皇后は、勘違いされています。豪邸は朗坤が相続したもの。嫌疑を避けるため報告も受けました。家の事情までは聞かないのでこんな大ごとになってるとはと答えます。

この話はよそうと言う龐通に皇后は、でもふしぎですね。誰が陛下にこんな些細な話を?私に不満があるなら皇太后様に言えばいいのに。今 陛下は戦で大変なのに気遣いもしないのは太尉ですか?または侍郎?それとも葉凝芝殿ですか?と尋ねます。

龐通は、そんなに怒るな。皇后が言うなら朗坤は潔白だ。朕に異議はないと言って帰るのでした。

その帰り道、酔った葉凝芝がふらふらと出てきて輿を止めます。

葉凝芝は龐通に、魏広が大勢の敵に囲まれました。もう心配でたまりませんととお酒を飲み干しましたと言います。

そんな中、軍は敵に囲まれましたと報告された龐通は、その件は聞いている。知りたいのは対抗策だと言います。

大臣たちは、今回送った人物は失敗でした。魏広大元帥は経験不足ですと大元帥を交代させるよう言います。

その頃、魏広は素晴らしい戦術を考え、将軍たちを納得させます。

一方、魏広から龐通に密書が届き ご安心ください。これはひょうたんの策ですと書かれていました。

魏広は3万の敵と3人の大将を滅ぼしたと聞いた凝芝は安心して眠ってしまいまいます。

その後、魏広は見事な戦術を繰りだし敵軍を撃退し勝利します。

この知らせに葉凝芝と龐通は、共に喜び合います。

 つづく

鳳凰伝〜永遠の約束〜あらすじ13話
(感想)

魏広が戦場に行ってからひと月あまり。

凝芝は心配しながらも、龐通と戦況を聞いては大喜び…

そして、梨花学堂の新入りは何か事情がありそう⁉️

created by Rinker
¥14,164 (2020/10/30 18:46:33時点 楽天市場調べ-詳細)