招揺 あらすじ47話

招揺 あらすじ47話

招揺 あらすじ47話

「師兄弟の末路」

顧晗光(こかんこう)は秘薬である換骨を譲ってもらうため虚宗門の江河を訪ねます。

江河が洛明軒をかくまっていたことを知った顧晗光は牢に捕らわれてしまいます。

怪我をした顧晗光は牢で破傷風を発症し、危険な状態に陥ります。

その頃、姜武(きょうぶ)は万路門の門徒たちを殺した続けてました。

そんな姜武の前に林子豫(りんしよ)が現れ、万路門を追い出された気分は?と聞きます。

自分で出たんだ…と答える姜武に林子豫は、あなたは招揺に心臓まで 捧げたのに何が得られたの?見返りがあった?招揺の心には厲塵瀾(れいじんらん)しかいない…
あなたは六合天一剣が欲しいんでしょ?私の手を組んで招揺を殺してくれない?私には用のない剣だから あなたにあげるわと持ちかけます。

姜武は、他の奴を当たれ…と立ち去ろうとします。

林子豫は、招揺を憎んでいないと言うの?と問います。

姜武は、愛する者のためならならぬ堪忍もできる。お前も
そうだろう?お前を殺さぬのは哀れな奴だからだ…招揺に手出しをしたら命はないからな!と警告します。

その頃、江河は虚宗門の禁術を使い、洛明軒(らくめいけん)の治療を試みます。

その治療中、江河は倒れると洛明軒は、さすが金仙の体だ。金仙の体じゃなければ江家の血に流れる最強の力には耐えられぬ…と勝ち誇ったように笑います。

しかし、江河が洛明軒体を奪おうとしますが、洛明軒が禁術を奪い取り虚宗門の門徒たちを殺し虚宗門を滅ぼすのでした。

その頃、万路門では沈千錦が、顧晗光の帰りを待っていましたが、戻ってこないことを心配し、厲塵瀾(れいじんらん)と招揺に相談します。

招揺と沈千錦が虚宗門に行ってみると、門徒たちの見たことのない死に様に驚愕します。

沈千錦は牢の中で死んでいる顧晗光を見つけ泣き崩れます。

招揺は、顧晗光の苦しみは十倍にして返してやる…と誓います

 つづく

招揺 あらすじ47話
(感想)

顧晗光(こかんこう)と沈千錦は添い遂げると
思っていたのに…可哀想すぎる😭

強い厲塵瀾(れいじんらん)に早く戻ってほしいな〜💦