花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ48話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ48話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ48話

「誰がために膝を折る」

賊軍との決戦を前に陳煜は兵と共に逃亡したと伝えられた皇帝は、見せしめとして朱八華の首を斬り、その亡骸を城壁にさらします。

皇帝は柳青蕪の助言に従い、偽者の不棄で東方炻をおびき出し一網打尽にしようと目論むのでした。

一方、東方炻に捕らえられた花不棄は、雲琅に助け出されます。

不棄が城壁に吊るされていると聞いて、救出に向かった小蝦は矢を受けて重傷を負ってしまいます。

東方炻は意識のない小蝦を馬に乗せ陣営に戻ります。

不棄は小蝦が怪我をして戻ってきたのを見て、雲琅の手を解き、小蝦は大切な人なの。見捨てられないと戻るのでした。

虫の息の小蝦は元崇に会わせてほしいと頼みます。

小蝦は元崇に、許してください…お嬢様を守るためにあなたを拒絶したのです…今ならやっと言えます。怒ってなんかいない…あなたが好きです…頼みを聞いてくれますか?

聞くよ。なんでも言えと言う元崇に小蝦は、お嬢様をお願いします…守ってあげてください…ひどい目に遭わないように…と言うと息を引き取ります。

その頃、東方炻を前に勝算がないと見た韓統領は陳煜のために投降を勧めます。

東方炻は陳煜に、投降すれば王位を与える。事が片づいたら望みの領土を与えようと取引しようとします。

陳煜は、お前に従うものかと拒絶します。

東方炻は、わずかな兵で大軍と戦え?死罪も同然の命だぞ…と言います。

韓統領と兵士らは陳煜に、皇帝に尽くす価値はありませんと訴えます。

東方炻は、不棄と元崇は我が軍営にいるぞ。不棄を救いたければ一緒に来いと話します。

投降を決意した陳煜は、配下を解放させ、遠くへ行け。
皆は生きてくれと命じます。

東方炻の配下の将軍となった陳煜は軍営で不棄との再会を許されます。

陳煜は東方炻の要求通り不棄に、もう君には関わらぬと殿下(東方炻)に誓ったのだ…あとは殿下と話し合え。私には関係ないと立ち去ります。

不棄は、誰が信じるものですか!陳煜が私を捨てるわけがない!なぜそんな嘘をつかせるの?と東方炻を責め意識を失うのでした。

 つづく

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ48話
(感想)

やっと愛する陳煜に会えたのに、朱八華の死を知り、さらには陳煜から別れを告げられる不棄…😭😭

小蝦の死から時間が経ってないのに気を失うくらいの衝撃だよね💦