花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ51話(最終話)

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ51話(最終話)

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ51話(最終話)

「予言の行方」

莫若菲は、東方炻が不棄にかまける前に皇帝を殺してほしいと不満が爆発します。

そんな中、東方炻は祖父・蕭九鳳に不棄が殺される前に、婚儀をしようとします。

閉じ込められている不棄の所に元崇と陳煜が現れます。

陳煜は、朱八華は無事だ。今まで真相を告げられなかった。もうすぐ蕭九鳳がやってくる。ひとまず離れて東方炻もろとも討つと計画を話します。

不棄は陳煜に、東方炻を捕らえても殺さないで。砂漠では東方炻がいたから私は生き延びられたの…約束して…と頼みます。

不棄は東方炻に嫁ぐと伝えます。

婚儀を挙げている最中、蕭九鳳が現れ不棄を捕らえにきます。

追いかけようとする東方炻を莫若菲は阻止しようとしますが、殺されてしまいます。

蕭九鳳に元崇は殺されてしまいます。

そして、林丹砂を守ろうとした林玉泉は亡くなり、雲琅も林丹砂も亡くなるのでした。

蕭九鳳は不棄を連れて行くのを東方炻と陳煜が追いかけます。

蕭九鳳は聖女の不棄を連れ、碧羅天の地を目指すのでした。

不棄を取り戻すために、陳煜と東方炻も蕭九鳳の後を追って伝説の地に向かいますが地図がないため入れず、

陳煜は、師匠から死ぬ間際に伝えられた血のついた岩を思い出し入り口を見つけるのでした。

不棄は穴に突き落とされる寸前に、陳煜と東方炻に助けられますが、東方炻は蕭九鳳に刺されて殺されてしまうでした。

陳煜は最後の力を絞り蕭九鳳を穴の中に投げ入れ、自分も落ちてしまうのでした。

戦いは終わり、太平の世になると

ある日、不棄は蓮衣客となっていました。

そして、生きていた陳煜と再会するのでした。

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ51話
(最終話)

不棄の周りにいた、莫若菲、小蝦、東方炻、元崇、雲琅
林丹砂、陳煜も皆死んじゃった😭

最後に不棄の前に現れた陳煜は生きてたの?それとも…幻?よく分からなかった😱😱

created by Rinker
¥13,693 (2021/01/28 23:26:16時点 楽天市場調べ-詳細)