如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ22話

NO IMAGE

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ22話

「返り咲き」

海蘭(はいらん)は冷宮にいる如懿に、皇后が慧貴妃や慎常在たちと私を責め立て、手を踏みつけられ雨の中でひざまずかされた…お姉様がいない後宮は耐えられないと泣きながら訴えます。

如懿は、身を守る術を覚えなさい。あなたは聡明よ何とかできる。私は冷宮にいるから守ってあげられない。自分で何とかしなさい。私はいないと思って…陛下を怖がっては駄目。ずっと日陰で生きるつもり?あなたが幸せなら私も安心して暮らせると励まします。

その帰り道、海蘭は安華殿で雨宿りをしていると、慧貴妃と侍女の話し声が聞こえ、皇子たちを殺害し如懿を陥れたのは皇后と慧貴妃だと知ります。

数日寝込んでいた海蘭は心を入れ替えると着飾って純妃の元に行きます。

そんな中、乾隆帝が皇太后のために真珠を埋め込んだきらびやかな図案の布団を作らせていて、2日おきに陛下が確認に来ると聞いた海蘭は繍坊を訪れ、刺繍の色使いに悩む女官たちに助言をします。

その様子を見た乾隆帝は海蘭を寵愛(ちょうあい)するようになります。

その頃、第2皇子・永璉は病が悪化してここ数日は特に気をつけるよう、砂埃や葦の花粉などが入らぬようにと侍医の斉汝に告げられるのですが、その夜、永璉が亡くなります。

嘆き悲しむ皇后に代わり慧貴妃が後宮の管理や公主の世話をすることになります。

そんな中、御花園で公主を遊ばせていた慧貴妃は紙製冥器の燃やした者を見つけ、亡くなった第2皇子の永璉を呪っていたのではないかと憶測します。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ22話
(感想)

やっぱり、嘉貴人は馬太監に銭を渡し如懿に毒を盛らせているのかも⁉️

海蘭も少しずつ強くなっているというよりは、したたかに
策略しながら如懿を救おうとしているのかも😅