独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ6話

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ6話

晋国公府では、宇文護が超越から、硬貨の見本を見せられていました。

本物の貨幣を作っていた熟練の職人たちが作った偽硬貨を見ながら宇文護は、言うことを聞くかが重要だと言います。

そんな中、王后は宮殿を出て悲惨な最期を遂げた家族のために独孤家の墓を建て、皆の仇は私が取ると誓っていました。

そこに宇文護が現れ、罪人の墓を建てたと廃位を迫り、
投獄しようとします。

天王は宇文護に、王后の前に朕を廃位せよと申し出ます。

宇文護は天王の頬を殴りつけ、天王を擁立するために私が払った犠牲をお忘れか?女にかまけ道理をおなざりに?
太祖に代わり従兄として殴ったのです!天王は国に身を捧ぐべきです!と忠言します。

天王は、王后も守れぬ天王に何の価値がある?皇后をなくしてはこの天王もないと知れ!と怒ります。

その頃、独孤伽羅は宇文護への復讐をするために策を練っていました。

一方、姿を消した伽羅を捜す楊堅は、伽羅は宇文護の暗殺の機会を伺っているのではないかと見張っていました。

その頃、宇文邕は伽羅かろ生きていることを知り抱きしめようとします。

伽羅は手を払い、ええ 生きてるわ。楊堅が私を死んだことにしたのと告げます。

宇文邕は、私を頼るのは嫌だったのか?と聞きます。

伽羅は、私たちは ただの友人よ。私たちは結ばれない。離して。もう私のことは諦めて!と拒絶します。

宇文邕は、私が嫌なら去ろう…私は君が望むなら何でもする…と涙ながらに告げると立ち去ります。

そんなある日、伽羅は1人で暗殺を試み失敗し何者かに連れ去られてしまいます。

楊堅は伽羅を助けに行き宇文護に捕らわれてしまうのでした。

一方、怪我をした伽羅は父と商いをしていたという徐卓に助けられたのでした。

家族の仇を取りたいと言う伽羅に徐卓は、ならばこそ今は耐え忍び冷静さを保つ術を身につけるべきだ。暗殺に失敗したことで宇文護は警戒を強めるだろう。そなたを救うため共闘してくれたあの男も我らを逃した後捕らわれた可能性が高いと話します。

伽羅は、楊堅を救うためにも、薬を飲み怪我を回復させるのでした。

そんな中、伽羅は楊堅が宇文護に捕らわれ斬首されると聞きます。

徐卓は伽羅に、我々が楊堅を救いに行くから、ここにいろと言われるのでした。

 つづく

(感想)

伽羅は楊堅と宇文邕に愛されているね💕💕

タイトルとURLをコピーしました